能美市浜町でパナソニックHIT太陽光発電システム2.79kw

能美市浜町で、パナソニックHIT太陽光発電システム2.79kw(12枚)を取り付ける工事を行いました。

 
能美市浜町太陽光発電システム2.79kw
 
 
 
同時に、ビルトインIHクッキングヒーターも設置しました。
 
こちらのお客様は既にエコキュートをお使いでしたので、今回の工事でオール電化&太陽光発電住宅です。
 
 
 
 
最初に太陽光発電のご相談を頂いたときには、
 
  「自分で使う電気くらいは自分で作りたい」
 
と、既に太陽光発電にかなり前向きでした。
 
 
そして屋根の寸法を測ってみると、2段6列の12枚が乗る寸法でした。
ギリギリ3段は乗りそうなのですが、軒先部分にパネルが乗ることと
二階の屋根から一気に落雪して危ないので2段でのご提案となりました。
 
 
お客様には
 
  「うーん、もうちょっと乗せたいなあ…」
 
と言われましたが、安全第一は譲れません。しっかりご説明して、納得して頂けました。
 
 
 
ちなみに向かって左の平屋部分ですが、日陰シミュレーションをしてみたところ、
この面は午後2時頃まで日影になることがわかりました。
そのため、設置してもあまりメリットがないのでご提案はしませんでした。
 
 
 
 
それでは工事の様子をどうぞ!
 
 
まずは瓦を一部はずして耐水補強合板を取付けて、その上に支持瓦を取付けます。
下の黒いクサビは支持瓦の高さを調節しています。
 
P1050605.JPG
 
 
 
 
 
支持瓦の上にアルミ製のフレームを取付けます。
 
P1050610.JPG
 
 
 
 
 
配線は、「配線瓦」で天井裏に落とします。
 
 
P1050607.JPG
 
 
 
 
 
ちなみに中はこうなっています。防水シールとコーキングでガッチリ防水です。
 
P1050606.JPG
 
 
 
 
 
 
 
天井裏に落とした配線は、2階の廊下に設置した「接続箱」に接続します。
 
P1050614.JPG
 
 
 
 
フタをした状態です。それほど目立ちません。
 
P1050518.JPG
 
 
 
 
接続箱から、パワーコンディショナーへ配線します。
この間は壁の隙間や天井裏を通すので、一切配線は見えません。ここが腕の見せ所です。
 
一番右がパワーコンディショナーで、一番左が電力検出ユニットです。
 
P1050654.JPG
 
 
 
配線穴は虫が入ってこないようにパテで塞いであります。
 
P1050514.JPG
 
 
 
 
 
屋根の上ではパネルの設置が終わりました。
黒いのが積雪地用の高強度スペーサー(アルミ製)で、銀色のが抑え金具です。
抑え金具とボルト・ナットはステンレス製です。
 
P1050622.JPG
 
 
 
 
 
ご家族の思い出が詰まったパネルも設置しました。
 
panel.jpg
 
 
 
 
そして12枚全てのパネルが設置できました!
 
P1050623.JPG
 
 
 
 
 
パネルの裏側はケーブルがピンと張られてきれいにまとまっています。
 
P1050626.JPG
 
 
 
 
 
売電用メーターを取付けて、北陸電力の検査を受け発電開始です!
 
P1050652.JPG
 
 
 
 
 
あとはIHクッキングヒーターの工事です。今まではガステーブルをお使いでした。
将来のリフォームのことを考えて、今までIHに踏み切れなかったそうです。
 
P1050129.JPG
 
 
 
 
 
 
ガステーブルと戸棚を取り外しました。
200Vコンセントは床下から配線しました。
 
P1050130.JPG
 
 
 
 
 
新たに戸棚を取付けて、ビルトインIHクッキングヒーターの完成です!
これなら将来リフォームしても、IHはそのまま使えますね。
 
P1050133.JPG
 
 
 
 
流し台との隙間はきれいにコーキングで仕上げます。
隙間にゴミが落ちることはありません。
 
P1050145.JPG
 
 
 
今回は12枚(2.79kw)という少し小さめのシステムでしたが、後日お伺いしたところ、しっかり売電できていました。
当初は「電気の自給自足」がお客様の要望でしたが、日中は自給自足どころか余っています。
 
これから秋まではかなり売電出来る時期なので楽しみですね。
 
 
当店に太陽光発電システム工事をご依頼いただき、ありがとうございました!