能美市西任田町パナソニックHIT太陽光発電システム6.99kw

能美市西任田町で、パナソニックHIT太陽光発電システム6.99kw(30枚)を取付けました。

14panel.jpg

 

こちらのお客様は、当店の折込チラシを見てお電話を頂きました。

現場を確認したところ、平屋の大きな屋根、しかも東西両面に乗せられる…。

これは乗せなきゃ損! ということで、両面合計30枚でご提案しました。

 

一部、「調整瓦」という少し小さな瓦が入っていましたが、

そこを避けて和瓦の支持瓦工法で設置することになりました。

 

それでは工事の様子をどうぞ!

 

 

まずは支持瓦を設置する列の瓦をはずして耐水補強板を取付けます。(こちらは東面です)

01mekuri.jpg

 

 

耐水補強板の上に支持瓦を取付けて、樹脂製のクサビを挟みます。

このクサビで、下の瓦に重みがかからないよう支持瓦の高さを調整します。

02kawaray.jpg

 

 

東面の支持瓦を全て取付けました。

03kawara.jpg

 

 

支持瓦の上に、アルミ製のフレームを取付けて高さを調整します。

黒い板は、パネルの重みを分散するための「積雪地用スペーサー」です。

04frame.jpg

 

 

西側も同じようにフレームを取付けました。

05frame_west.jpg

 

 

東・西、それぞれ1枚ずつ配線瓦を取付けました。ここからケーブルを天井裏に入れます。

配線が屋根の上に見えないので、とてもスッキリ仕上ります。

06haisenkawara.jpg

 

 

天井裏に入ったケーブルは、接続箱へつなぎます。

左が東面用、右が西面用です。

07setubako.jpg

 

 

接続箱から、パワーコンディショナーに配線します。

接続箱と同じように、害虫防止のため配線用の穴はパテでふさぎます。

08pate.jpg

 

 

接続箱とパワーコンディショナーを2台ずつ取付けました。

左下の箱には連系ブレーカーが2個、その右の箱は電力検出ユニットです。

発電量と消費電力量をここで測ります。

09pc.jpg

 

 

外には売電用メーター(右)を取付けました。

10meter.jpg

 

 

屋根の上で、パネルを取付けていきます。

11panel.jpg

 

 

西面の12枚(6列2段)が完成しました。

12panel_west.jpg

 

 

東側の18枚(6列3段)も完成しました。

13panel_east.jpg

 

 

全体像です。なかなかの迫力ですね!

14panel.jpg

 

 

北陸電力の検査が終わり、いよいよ発電開始です!

このときは4.4kw発電して1.0kw消費しているので、残りの3.4kwを売電しています。

発電モニターがあると自然と節電するようになって、より一層売電できるようになります。

15monitor.jpg

 

 

これからも毎日バリバリ発電、売電して下さい!

当店に太陽光発電システム工事をご依頼いただき、ありがとうございました!
 
 
 
 
         

 
太陽光発電、オール電化他、お問い合わせは下記からお気軽にどうぞ
 
お問合せ
 
 電話 : (0761) 55-4000
 メール: info@and-hatoya.com
 
 

 
 
 
当店のニュースレター「はとポッ報゜」定期配布のお申込みはお気軽にどうぞ。
 
 
        ※ 当店営業エリア限定となります。

能美市吉原町パナソニックHIT太陽光発電システム4.14kw

能美市吉原町で、パナソニックHIT太陽光発電システム4.14kw(18枚)を取付けました。

 

16.jpg

 

こちらのお客様は、約3年前に当店でエコキュートの工事をさせて頂きました。

その後、初めて太陽光発電のご提案をしたのがかれこれ1年半前です。

それから新製品が出たり、お得なキャンペーンがあったり、金利が下がったりする度に

お知らせしていたところ、補助金が下がるギリギリのタイミングでご注文頂きました。

 

設置するにあたって 「雨漏りが心配」 とおっしゃっていましたが、

取り付け方をご説明し、写真も見られて納得して頂けました。

 

それでは工事の様子をどうぞ!

 

 

まずは転落防止のため足場を設置します。

 

01ashiba.jpg

 

 

 

今回は平板支持瓦工法なので、支持瓦を取り付ける列の瓦をめくります。

支持瓦を取り付ける場所には耐水補強板を取付けます。

02hokyou.jpg

 

 

補強板の上に樹脂製のクサビを挟み、支持瓦を取付けました。

このクサビを挟む位置とビスの締め具合が肝です。

03kawarayoko.jpg

 

 

支持瓦を下から見たところです。

クサビを挟んであるので、下の瓦と隙間ができています。

ここがくっついていると、重みがかかったときに瓦を押してしまいます。

04kawarashita.jpg

 

 

 

支持瓦の上にアルミ製のフレームを設置します。

黒い部品は、パネルの重さを分散する「積雪地用スペーサー」です。

フレームの3倍の面積があるので、パネルへの負担が軽くなります。

05frame.jpg

 

 

 

全てのフレームを設置して、高さを合わせました。

06frame.jpg

 

 

 

パネルからのケーブルを天井裏に入れるため、「配線瓦」を取付けました。

この上にパネルが乗るので、紫外線は全く当たりません。

屋根の上をズルズル配管しないので、仕上りもキレイになります。

07haisenkawara.jpg

 

 

 

天井裏に落としたケーブルは、接続箱に接続します。

2階のクローゼット内に取付けました。

08setubako.jpg

 

 

 

ふたをするとこうなります。普段はこの状態です。

09setubako.jpg

 

 

 

次は、接続箱からパワーコンディショナーに配線します。

発電した電気はここで家庭用の交流100V/200Vに変換します。

また、停電時はここから最大1500Wの電気が使えます。

10pc.jpg

 

 

 

パワーコンディショナーなどの機器は勝手口の分電盤横に取付けました。

パワーコンディショナーは少し音がするので、居室よりも勝手口や廊下がおすすめです。

11pcetc.jpg

 

 

外には売電用のメーター(右)を取付けました。

12meter.jpg

 

 

屋根の上ではパネルを下から順に取り付けていきます。

12panel.jpg

 

 

パネルを固定する金具とボルト・ナットはステンレス製です。

規定の強さでしっかり締め付けます。

13rock.jpg

 

 

パネルの裏側の様子です。

ケーブルはピンと張ってあるので、ゴミがたまることもありません。

14cable.jpg

 

 

ご家族の記念のパネルです。銀婚式のいい記念になりましたね!

15illust.jpg

 

 

全てのパネルを設置して、工事完了です!

16.jpg

 

 

 

 

 

これから毎日バリバリ発電、売電して下さい!

当店に太陽光発電システム工事をご依頼いただき、ありがとうございました!
 
 
 
 
         

 
太陽光発電、オール電化他、お問い合わせは下記からお気軽にどうぞ
 
お問合せ
 
 電話 : (0761) 55-4000
 メール: info@and-hatoya.com
 
 

 
 
 
当店のニュースレター「はとポッ報゜」定期配布のお申込みはお気軽にどうぞ。
 
 
        ※ 当店営業エリア限定となります。

白山市成町でパナソニックHIT太陽光発電システム3.26kw

白山市成町で、パナソニックHIT太陽光発電システム3.26kw(14枚)を取付けました。

 

16P1060240_s.jpg

 

 

こちらのお客様は、

「太陽光発電の訪問販売が来て話を聞いたものの、見積の内容や価格が不安」

と、インターネットで検索していたところ、当店のホームページをご覧になりお問合せ頂きました。

 

一旦は見送りになったのですが、数ヶ月後に再度お問合せ頂き、ご注文頂きました。

新築したときのハウスメーカーにも問い合わせたそうですが、三菱の太陽光発電を提案され、

「発電量で選ぶとしたら、やっぱりパナソニック」と、当店を選んで頂きました。

 

三菱はパワーコンディショナーの効率が業界No.1なのですが、

肝心のパネルの発電効率がパナソニックよりもかなり低いので、

トータルで見るとパナソニックのほうが発電量が多くなります。

 

また、石油ボイラーをエコキュートに取替える工事もセットでご依頼頂きました。

これでオール電化&太陽光発電の、超省エネ住宅です!

 

それでは工事の様子をどうぞ!

 

 

まずはエコキュート工事です。今までお使いのボイラーです。

001P1050057_s.jpg

 

 

 

ボイラーを撤去して基礎石を設置し、新しい配管をつなぎました。

001P1050122_s.jpg

 

 

タンクを設置して、配管、配線を接続しました。

001P1050124_s.jpg

 

 

 

午後3時頃、エコキュートの工事が終わりました。この日の夜からお風呂に入れます。

既にIHをお使いでしたので、これでオール電化住宅です!

001P1050123_s.jpg

 

 

 

太陽光発電は、エコキュートの工事から約2ヶ月後となりました。

まずは安全のため、足場を設置します。

 

01P1060011_s.jpg

 

 

瓦を一部はずして、耐水合板の補強板を設置し、その上にアルミ製の支持瓦を取付けます。

クサビで高さを調節して、下の瓦に重みがかからないようにしてあります。

02P1060167_s.jpg

 

 

 

支持瓦周りの瓦を戻しました。

03P1060164_s.jpg

 

 

今回の屋根は、下から見て左端の瓦が加工して横幅が細くなっていました。

ただ、瓦の裏側の削り方が甘かったので、踏むと簡単に割れてしまいます。

 

そこで余った瓦を使って、新たに調整瓦(横幅を調整した瓦)を作りました。

これで、踏んでも割れることはありません。(真ん中が調整瓦)

04P1060169_s.jpg

 

 

 

支持瓦の上にアルミ製のフレームを取付けて、高さを調整します。

05P1060173_s.jpg

 

 

 

フレームの上には「積雪地用スペーサー」を取付けます。

パネルと雪の重みを、広い面積で受け止めることで、重みを分散します。

06P1060172_s.jpg

 

 

 

パネルからの配線は、「配線瓦」で天井裏に入れます。

これで、ケーブルや電線を入れたパイプが紫外線で傷む心配はありません。

見た目にも電線が見えないので、とてもスッキリします。

07P20120713_173739_s.jpg

 

 

 

天井裏に入れた配線は、「接続箱」に接続します。

08P1060228_s.jpg

 

 

 

接続箱は2階の廊下に設置しました。

09P1060233_s.jpg

 

 

 

接続箱から、パワーコンディショナーに配線します。

ここで電圧を100V/200Vに変換します。また、停電時はここから電気が使えます。

10P1060239_s.jpg

 

 

パワーコンディショナーは台所のドア上に設置しました。

11P1050940_s.jpg

 

 

分電盤の左にはエコキュートのブレーカー、右は発電量を測る電力検出ユニットです。

天井の点検口は今回の工事で作成しました。

12P1050939_s.jpg

 

 

屋根の上でパネルを1枚ずつ設置していきます。

13P1060180_s.jpg

 

 

パネルから出るケーブルはフレームに縛ってあるので、パネルの裏側はスッキリします。

14P1040087_s.jpg

 

 

今までのメーター(右)の横に、売電用メーター(左)を取付けました。

15P1040087.jpg

 

 

そして14枚全てのパネルを設置して、完成です!

16P1060240_s.jpg

 

 

設置の記念に、ご家族皆さんでパネルに寄せ書きをして頂き、撮影させて頂きました。

思い出のパネルは今日も屋根の上で発電しています。

17P1050945_s.jpg

 

 

今年の8月はほとんど雨が降らなかったので、予想をはるかに超える発電量を記録しました。

予想では408kWhだったのですが、なんと565kWhも発電しています!

予想比138%! 凄まじい記録です…。

18hatuden.jpg

8月は買電が3,200円で、売電が18,000円なので、14,800円の黒字です。

光熱費0円生活どころか、大幅な黒字です。

 

 

 

 

ご家族皆さんで、楽しみながら節電・売電をされているそうです。

消費を抑えればそれだけ多く売れるので、楽しみながら節電できますね。

 

特にお子さんはモニターを見るのが大好きなので、

自然とエネルギーを無駄遣いしないようになります。

 

これからも毎日バリバリ発電、売電して下さい!

当店に太陽光発電システム工事をご依頼いただき、ありがとうございました!
 
 
 
 
         

 
太陽光発電、オール電化他、お問い合わせは下記からお気軽にどうぞ
 
お問合せ
 
 電話 : (0761) 55-4000
 メール: info@and-hatoya.com
 
 

 
 
 
当店のニュースレター「はとポッ報゜」定期配布のお申込みはお気軽にどうぞ。
 
 
        ※ 当店営業エリア限定となります。