小松市須天町でパナソニックHIT太陽光発電システム5.59kw

 

小松市須天町で、パナソニックHIT太陽光発電システム5.59kw(24枚)を取付けました。

 

16kansei_P1050680_s.jpg

 

こちらのお客様は、2年前にオール電化工事をさせて頂きました。

他にも、「サビ水が出るから」と給湯配管の取替や、

樹脂製内窓プラマードなど、家の中のことを色々任せて頂いています。

 

ある日パソコンの仕事でおじゃましたときに、

「うちで太陽光発電したら得かどうか、一回見てもらえんけ」

とご依頼を頂き、翌日早速見に行きました。

 

すると、見事な切妻屋根。しかも方角は南西。平屋で、雪は中庭に落ちるようになっています。

これは見積を出すまでもなく「超お得」な屋根です。乗せなきゃ損です。

 

見積を作ってご提案したところ、数日後に工事のご依頼を頂きました。

 

それでは工事の様子をどうぞ!

 
 
工事前の様子です。何度見ても見事な切妻屋根です。
 
01before_P1040896_s.jpg
 
 
 
 
瓦を一部めくって耐水補強板を取付け、その上にアルミ製の支持瓦を取付けます。
 
瓦の下にはクサビを入れ、下の瓦に重みがかからないよう高さを調節します。
 
02kusabi_P1050524_s.jpg
 
 
 
 
支持瓦の取付けが終わりました。
 
03sijikawara_P1050526_s.jpg
 
 
 
 
支持瓦の上にアルミ製のフレームを取付けて高さを調節します。
 
黒い長方形の部品は、パネル(と雪)の重みを分散する「積雪地用スペーサー」です。
 
04frame_P1050530_s.jpg
 
 
 
 
 
パネルから出るケーブルは、この配線瓦から天井裏へ入れます。
 
05haisenkawara_P1050544_s.jpg
 
 
 
 
実際にケーブルを入れるとこうなります。
 
ケーブルはフレームにバンドで固定してあるので、瓦には触れません。
 
06haisen_P1050545_s.jpg
 
 
 
 
天井裏に入ったケーブルは、廊下に取り付けた接続箱に接続します。
 
中には写真のようにブレーカーが入っています。
 
07setsuzokubako_P1050552_s.jpg
 
 
 
 
 
フタをした状態です。スッキリしているのであまり目立ちません。
 
08setsuzokubako_P1050554_s.jpg
 
 
 
 
接続箱から、台所のパワーコンディショナーへ配線します。
 
配線作業のため、天井のジプトーンを1枚めくりました。
 
上段の右からパワーコンディショナー、ブレーカボックス、電力検出ユニットです。
 
09haisenkouji_P1050474_s.jpg
 
 
 
 
パワーコンディショナーへの配線用穴は、虫が入ってこないようパテで塞ぎます。
 
 
 
10pate_P1050473_s.jpg
 
 
 
 
売電用メーターを今あるメーターの右に取付けました。
 
13meter_P1050577_s.jpg
 
 
 
 
 
 
屋根の上では最後のパネルを取り付けています。
 
お孫さんに描いて頂いた思い出のパネルです。
 
12panel_P1050550_s.jpg
 
 
 
 
 
試運転で、発電を確認しています。
 
この瞬間、4.1kwを発電して0.3kwを自宅で消費しているので、
 
余った3.8kwを北陸電力へ売電しています!
 
14monitor_P1050576_s.jpg
 
 
 
 
発電量はパワーコンディショナーの表示部でも確認できます。
 
15pawacon_P1050571_s.jpg
 
 
 
 
 
アンテナも別の屋根に移設して、全ての工事が完了しました!
 
16kansei_P1050680_s.jpg
 
 
 

これからも毎日バリバリ発電、売電して下さい!

当店に太陽光発電システム工事をご依頼いただき、ありがとうございました!
 
 
 
 
         

 
太陽光発電、オール電化他、お問い合わせは下記からお気軽にどうぞ
 
お問合せ
 
 電話 : (0761) 55-4000
 メール: info@and-hatoya.com
 
 

 
 
 
当店のニュースレター「はとポッ報゜」定期配布のお申込みはお気軽にどうぞ。
 
 
        ※ 当店営業エリア限定となります。