遅れてきたプラズマの波

12月は、正直言ってテレビがあまり出てませんでした。
去年と比べるとかなり少なくて、「あー、今年の年末はもうだめだー」なんてあきらめてたんですが…
神様は見捨てませんでした。来ました、強烈な波が。
土曜、雷で29型故障 → TH-37PX500+DMR-EH73V
日曜、おじいちゃん来店 → TH-50PX500(50型!)
年末年始は時代劇見まくり。
50PX500

昨日、DM見て電話 → TH-37PX500(37型)+DMR-EH73V
37PX500

昨日、DVDだけのつもりが → TH-42PX50(42型)+DMR-EX100
42PX50

さらにさらに。
昨日1台、今日1台と37PX50が成約!
疲れはピークなんですが、やっぱりプラズマが売れると俄然、気合が入りますね。
今年あと2日しかないけど頑張るぞー!
溜まりに溜まった修理も年内になんとか終わらすぞー!

冬によくあるトラブル

このシーズン、特に雪が降ると一気に仕事が増えます。
その中でも特に多いのが、
 ・テレビ映らない
 ・エアコン暖まらない

の2つです。
テレビが映らないのは、外から見てアンテナが倒れていれば間違いなくそれが原因なんですが、ちゃんと立っているときが問題です。
こういうとき、原因の多くは 「雪の重みでケーブルが引っ張られて、ジョイント部か分配器のところで線がはずれるかショートしている」 です。
昔は、ケーブルの被覆を剥いてそのままつないでテープ巻きというのが多かったみたいですが、今は写真のように接栓ジョイントを使うのが一般的です。これだと引張りにもかなり強くて防水性も高いです。
接栓ジョイント
これ読んで自力でやろうと思った方、何よりもまず屋根から落ちないで下さい。
あの 「やばいっ!」 と思った瞬間の凍りつくような感覚・・・思い出しただけでも恐怖です。
これは大屋根に上って仕事をしたときの1枚。
それにしても見事な鉛色の空ですねー。
屋根からの風景
さてもう1つ「エアコンが暖まらない」ですが、これは「霜取り運転中」であることが多いです。室外機に着いた霜を取るときは、暖房が一旦ストップしてしまうんです。
あとは、室外機が雪に埋もれていることがたまにあります。
エアコン雪被害1 エアコン雪被害2
エアコンの前後が雪でふさがれると、うまく熱交換できなくて暖房が全く出てきません。こういうときは雪をよけて、やかんでお湯をかけてやるとすぐ直ります。熱湯は勘弁してくださいね。
あとは、電化製品とは関係ないトラブル。
先日商工会議所にweb相談会に行ったときのこと。帰ろうとしたら後ろに誰かの車が・・・。
ふさがれた
前には除雪車が作っていった膝丈くらいの雪の壁・・・。
雪が降る中、雪の壁を足で踏み崩してなんとか脱出できました。
そして仕事に向かう途中。
あれ・・・?
もしかして
やっぱり。
転落
幸い、運転手の人はもう救助済みでした。
雪道はほんと、気をつけないと危ないですねー。

ビルトイン食器洗い機の後付け

これは11月に取り付けたんですが、前面化粧パネルが1ヶ月待ちで、先日やっと完了しました。
標準ではパネルがシルバーか黒なんですが、既存の扉カラーと合わないため、似たような色を注文しました。思っていたよりキレイに仕上がってよかったです。
ビルトイン食洗 before  ビルトイン食洗 after
工事前の写真がかなりわかりにくくて申し訳ないです…。
奥から 「IH・引き出し・戸棚」 と並んでいます。
この引き出し部(幅45cm)を解体して、食器洗い機を入れてしまおうという算段です。
写真ではわかりませんが、このキッチン、据え置き型の食器洗い機を置くスペースが全くありません。シンクの右側は15cmほどしかないし、シンクとIHの間は調理スペースになるのでカウンターの上はまず無理です。
そこで、ビルトインタイプを入れることになりました。
しかも旦那さんの提案で!
珍しい構造のキッチンだったんで、何回も下見をしてお客さんに面倒をかけてしまいました…。申し訳ない気持ちを形にと、解体を大工さんに頼んだ工事代はうちで見ました。注文もらってから1ヶ月も待たせてしまったんで、このくらいはしないと。
パネルを付けに行ったときに使い心地を聞いたら、
「ほんと便利!もっと早く入れればよかったね!」
旦那さん苦笑い。でも、最高のプレゼントだと思いました。

エコキュート取付け&蓄暖取付け

今日はエコキュートの取付け蓄暖の配線・取付けをしました。
別々のお宅だったので、あっち行ったりこっち行ったりが結構大変でした。エコキュートのほうは電気工事だけうちがして、給排水の水道工事や機器の取り付けは設備屋さんにお任せです。朝に商品を持っていって、場所の確認をして、あとは完了の報告を待って見に行く、という流れです。
今日は特別冷え込んで雪が降る中でしたけど、とてもきれいに工事してもらえてよかったです。正直言って、うちではあんなきれいにエコキュート取付けできません…。さすが給水設備のプロ。
ちなみに仕上がりはこんな感じです。
エコキュート before エコキュート after
貯湯タンクの足元の配管が丸見えなので、後日化粧カバーをする予定です。玄関横で結構目に付く場所なんで、やっぱりきれいにしときたいですし。
年配の方の二人暮らしなので、370Lになりました。今の機種は 「お湯増し」ボタンがあるんで、急な来客でも大丈夫でしょう。
さてもう1件の蓄熱式暖房機のほうです。
本当は木曜に納品だったんですが、なぜか早く入荷できたんで、早速取付けました。
和室8畳間に5.0kW。十分な容量です。これなら隣の台所までほんわかと暖かいと思います。
写真はレンガを全部入れ終わったところです。この状態で215kg。レンガも本体もとんでもなく重たいです。まあ、そのおかげで熱を蓄えられるらしいですが…。運ぶだけでも結構骨です。
ちなみに、和室だったので蓄暖の置き場所だけ畳を畳屋さんに切ってもらって、そこをフローリングにしました。畳の上にそのまま置いたらズブズブと沈んでいきそうなんで。
蓄暖
これで明日の朝からはバッチリ暖かいです。ここのお宅は既にIHとエコキュートが入っていて、さらに太陽光発電までしているんで、超オール電化住宅になりました。電器屋顔負けです…。

新・お掃除ロボット搭載エアコン

X06シリーズ X06シリーズと液晶テレビ

付けてきました。新・お掃除ロボット搭載の 「’06 Xシリーズ」。
来年モデルの中で、最上位機種だけ前倒しで発売されたんですが、今年に引き続き来年もこればっかりが売れそうです。
今年の夏は
   「フィルター掃除しないでいいんですよ!」
でみなさんもうメロメロだったわけですが、今回の新型は
   「フィルター10年、掃除も取り替えもいりませんよ!」
です。
さらにメロメロのデレデレになりそうな予感がムンムンします。
もちろん電気代もさらに安くなってます。全く、どこまで省エネ化は進むんでしょうか。エアコンなどの空調関係は基本的に消費電力が大きくて、運転時間が長いんで、もっともっと省エネになってほしいところです。
ちなみに右の写真は、26型液晶との2ショットです。エアコンの写真を撮ったあとに一歩引いたらテレビが目に入って、
   「なんかモデルルームみたいやな」
と思って思わず撮っちゃいました。
時代の流れか、だんだんと暖房が電気に変わってきました(エアコン、蓄熱式暖房機、床暖房)。電気暖房はなんといっても空気を汚さないのが一番のメリットだと思います。
今日は雪も積もったことだし、また暖房の需要が増えそうです。

蓄熱式暖房機の床下補強&配線

先週のセールで蓄熱式暖房機(略して蓄暖)が2台決まったんですが、そのうち1台の配線工事&床下補強をしてきました。
配線工事はわかりますが、床下補強まで必要なの?と思う方もいると思います。蓄暖は見た目は地味ですが、中身は十分すぎるほどしっかりしてます。
なんと5.0kw(12~22畳用)で、215kg。
普通に置いてたら床がへこんできます。多分。
和室だったら畳にめり込んでいきそうな感じです。
今回のお宅は、台所の床下収納がなかったため、和室の畳を1枚めくって床板を一部剥がして床下にもぐりこみました。10月に取り付けたお宅に比べると、かなりふところ(高さ)のある床下だったので、結構作業は楽でした。
一ヶ所、基礎の間を通るところがかなり狭かったんですが、右手を上に上げ左手を体にくっつけてなんとか通れました。よかった~。
床下がコンクリートではなく土だったので、束石(つかいし)を置いて、その上にプラスチック製の束(つか)を置いて、その上に根太(ねだ)をかまして補強完了です。
床下補強
ニョロっとしている緑色のチューブには蓄暖用の電線が入っていて、細い緑色の線はアースです。この2本はこのまま縁の下を通って通風孔から外に出て、メーター横の分岐ボックスまでいきます。
この日はここで工事終了。次回は外のメーター周りの配線工事。その次がいよいよエコキュート+蓄暖の取り付けです。なんだかものすごい寒波が来てるみたいですけど、気合入れて頑張ります。

無線LANの外部アンテナ増設

とあるお客さん宅に行ったとき、
「無線のインターネットが次男のところだけつながらなくて、業者の人に半年もそのままにされてるのよ~」
という話を聞きました。
    半年・・・。
すごいですね。実は僕も、仕事を頼まれたのを忘れてしまってお客さんに迷惑をかけてしまったことがあります。でも半年なんてことはないです。さすがに。
このお宅の場合、次男さんの部屋が無線のアクセスポイント(親機)から一番遠く、電波がギリギリアウトの状況でした。通信状態で言うと、6%。これじゃダメです。
無線の機器がNTT-ME製だったので、外付けのアンテナがあるかどうかわかりませんでした。バッファローやアイ・オー・データなら知ってたんですが。
とりあえず店に戻って検索。インターネットってなんて便利なんだと思うひと時ですね。ありました。MN-ANT-1F、これです。通信距離が2倍になる、指向性の外部アンテナです。
無線アンテナ
そして今日、取り付けてきました。
見事、通信状態は33~40%。安定してインターネットができるようになりました。よかったよかった。奥さんも、
「息子よろこぶわ~」
と言ってくれました。パソコン持っててインターネットできないなんて、想像するだけでもはがゆいですもんね。ましてや隣の部屋で兄ちゃんがインターネットを楽しんでいると思うと・・・。
何はともあれ、今日からインターネットが楽しめてよかった。仕事のスピードってほんと大事だなーと思った一件でした。

ななめドラム「NA-V82」納品

V82 before  V82 after
展示会で結構出ました。新型ななめドラムの「VR1000」と「V82」。
今回のお客さんは、夏頃から
「乾燥機がじゃまでじゃまで・・・。」
と悩んでいて、今回売出しということで思い切ってくれました。
確かに写真で見てもわかるように、乾燥機が出しゃばりすぎです。なんという圧迫感。窓を見事にふさいでます。さらに、乾燥機を乗せる台がやけに幅広です。スイッチのあたりまでせり出しているのがたまらなく気になります。
もう一つ悩みがありました。それは、排水口が本体の下に隠れてしまっていること。今まで何度かフロアが濡れていたんですが、排水口に手が届かないので直しようがなかったみたいです。
今回は見事に本体の右側に排水口を出すことに成功!あとのメンテもしやすくなりました。
本体右側にぶら下げてあるホースで風呂水を再利用できるので、使う水量は激減すると思います。それでいて汚れ落ちが良くなるなんて最高ですね!
お客さんにも大変満足してもらえてよかったです。
やっぱり時代はななめドラムですねー。

50型プラズマ納品!

出ました!久しぶりに50型プラズマテレビ!
50PX500
写真ではわかりにくいかもしれませんが、やっぱり50型は1サイズ下の42型とは比べ物にならないほどの迫力です。
どんなでかい部屋に入れるんだと思っている人もいるかと思いますが、
なんとこの部屋は
8畳間です。
そして、購入されたお客さんは大会社の社長でもなければ医者でも弁護士でもなく、普通のお父さんです。
50型を納品するときは、「電器屋やっててよかった~」とほんと思えますね。
ちなみに一緒にDVDレコーダー「DMR-EH73V」も買って頂きました。DVDを借りてくるもよし、好きな番組を録画して大画面で何度も楽しむもよし。お客さんも見ている間ずっと、
「きれいやな~、でかいな~」
を連発してました。
これから年末に向けてテレビの需要は高まるので、「どうせ買うなら大型を」を合言葉に頑張ろうと思います。