能美市小長野町でユニデール蓄熱式暖房器取付け!

能美市小長野町で、ユニデール蓄熱式暖房器7kw(VUEi70J)
取付けてきました!
この日は仕事がビッシリで、午後からの工事となってしまいました。
本当なら午前中から取り掛かって4時くらいに終えるんですが、
この日ばっかりはそういうわけにもいきませんでした[emoji:v-394]
こちらのお宅はすご~く広いLDKなので、
[emoji:v-512] 「部屋中ポッカポカはハッキリ言って無理です。
   真冬はエアコンと併用です」
   と説明しましたが、
[emoji:v-209] 「それでも、灯油を買いに行ったり給油したりが大変やし、蓄暖にする」
   と、決めて頂きました。
やっぱり皆さん、灯油で苦労されてるんですね~・・・。
それでは工事の様子を見てみましょう!
まず、置き場所はリビングの階段下です。
本当なら上に暖かい空気が抜けない場所がいいんですが、
置き場所がここ以外に見つかりませんでした。
蓄熱式暖房器の置き場所

電気工事は床下を通しての配線です。
メーター周りはこんな感じになりました。
工事後はメーターが新しくなって、ブレーカーが1つ増えてますね。
         工事前                  工事後
工事前のメーター周り 工事後のメーター周り

ブレーカーを間違えないように、シールを貼っておきました。
エルフナイトメーター拡大

床下はプラ束(つか)と大引(おおびき)でガッチリ補強してあります[emoji:v-91]
又、床下がコンクリートだったので、専用の接着剤でくっつけてあります[emoji:v-15]
これなら束がずれる心配もありません。(左側にもう1本あります)
蓄熱式暖房器の床下補強

床下補強をしている間に、蓄熱材(マグニサイト)を運びこみます。
1パック(3つ入り)で15kgもあるので、なんとなく分散して置きます。
蓄熱式暖房器マグニサイト

そして夕方6時ごろ、無事完成しました![emoji:v-315]
ユニデール蓄熱式暖房器VUEi70J

本体の右側をよ~く見るとわかるんですが、100Vのコンセントも作りました。
今回の工事、これが思っていた以上にやっかいで苦労しました・・・。
最近、朝晩が冷え込むようになってきたので、これから大活躍だと思います。
今までとは違う、ポカポカな冬をお過ごしくださいね~![emoji:v-278]

能美市高坂町のリフォームが始まりました!

先日無事完了した小松市大島町の増築リフォームに続き、
今週から能美市高坂町での「1Fほぼ丸ごとリフォーム」が始まりました
改修箇所は、居間・台所・洗面所・浴室なので、1階部分のほぼ全部です。
工期は約6週間。 お客さんには仮住まいでご不便をかけているので、
1日でも早く完成させたいですね[emoji:v-258]
最新状況は、こんな感じです。
工事直前の台所。
キッチン解体前

今日の台所。
キッチン解体後

見事に素っ裸です[emoji:v-15]
明日からはいよいよ大工工事、水道工事、電気工事が始まります[emoji:v-512]
ちなみに、現場にはこんな立て看板を置かせていただきました。
オール電化リフォーム看板

業界関係者の方々のために拡大写真を(笑)。
オール電化リフォーム看板(アップ)

この時期のリフォームは日没が早くて大変ですが、ちゃんと段取りして
手際よく工事をすすめようと思います[emoji:v-278]
そんな僕らを、暖かく見守ってくれているのがこちら。
 「実寸大トーマス」
トーマス

なんと、鉄工関係に勤めていた旦那さんの完全手作り[emoji:v-31]
オールハンドメイド「トーマス」なのです。(もちろん動きませんよ)[emoji:v-234]
これ、児童館とか公園にあったらすごい人気でしょうね~。
何はともあれ、トーマス監督の元、明日から電気工事頑張ります[emoji:v-91]

小松市大島町でオール電化リフォーム!

小松市大島町で8月から取り掛かっていたオール電化リフォームが完成しました![emoji:v-315]
工期は約2ヶ月。増築リフォームの割には結構早かったと思います。
大工さんをはじめとする職人さんの腕ですね![emoji:v-91]
それでは、改修前・改修後の図面を見てみましょう!
リフォーム図面

(クリックで拡大します)
台所側をドーンと増築してダイニングキッチンを作り、
どう見ても使い勝手の悪そうなトイレの位置を変えて、
浴室と洗面室を広くする、という感じですね。
工事前の外観はこんな感じでした。(写真はすべてクリックで拡大します)
増築前

流し台に向かうとこういう感じです。物が収まりきっていません[emoji:v-394]
旧台所(東)

流し台に立って振り返ると、こういう感じです。
テーブルで食事をするのは至難の業(わざ)です。
旧台所(西)

洗面所と洗濯場はこんな感じでした。(写真が2枚くっついています)
広さも収納も足りません[emoji:v-394]
旧洗面台、洗濯場

浴室はタイル貼り。冬は寒い、浴槽深い、換気扇なしのお風呂でした。
旧風呂

トイレはドアだったので、動くスペースがかなり少なかったです[emoji:v-394]
旧トイレ(小便器、洋式)

これらをドカーンと解体して、まずコンクリートでベタ基礎を打ちます[emoji:v-512]
ベタ基礎は、床下を全部コンクリートにしてしまうことで、
湿気を抑えるとともに強度をアップさせます[emoji:v-91]
増築部土間コンクリート

あっという間に屋根ができて、家らしくなりました[emoji:v-258]
増築部屋根完成

なんと、外壁(サイジング)まで貼り終えました。
ブログで見ると早い!(笑)[emoji:v-355]
でも、実際もかなりのスピードで工事が進んでいました。
増築部サイジング完了

このころ、中の様子はこんな感じです。
この状態のうちに電気の配線をほとんどしてしまいます[emoji:v-76]
骨組み

玄関を解体すると、見事に白アリに食われた柱が・・・。
シロアリ被害

見つけてしまっては、取替えないわけにいきません。
シロアリ除けの薬品を塗った新品の柱に取替えです。
シロアリ被害(柱取替え後)

だんだんダイニングキッチンがそれらしくなってきました。
ダイニング工事中

こちらはトイレとトイレの間にある手洗いコーナー[emoji:v-288]
トイレ手洗い工事中

ここにキッチンが組み込まれます。
フィットアイキッチン

そして9月末、オール電化増築リフォームはついに完成しました![emoji:v-315]
まずは外から。
増築部の外壁はサイジングに吹き付け塗装。
勝手口の左上にはセンサライトが付いています。
増築部

玄関は夜おじゃまするとこんな感じでかなり雰囲気出てます[emoji:v-280]
ちなみにこちらもセンサライトになっています。
外玄関

中に入ると、たっぷりの収納と明るい照明
やっぱり玄関は明るくないと![emoji:v-278]
内玄関

玄関を上がるとミニカウンターが目に入ります。
こういうちょっとした遊び心っていいですね[emoji:v-353]
ミニ棚

ダイニングに入ると、大工さんお手製のテレビ台がお出迎え。
ここに、42型フルHDプラズマテレビTH-42PZ750SKを置きます。
後ろの木目がおしゃれですね~![emoji:v-353]
テレビ棚

ダイニングテーブルも大工さんお手製。木は落ち着きますね~[emoji:v-285]
ダイニング

スイッチ類は全部「ナショナルコスモワイドシリーズ」
大きくて押しやすく、見た目もかわいらしくて人気です
コスモワイドシリーズスイッチ

ダイニングの床は無垢材。やわらかい肌触りがたまりません
ここは冬でも裸足で歩きたいですね[emoji:v-533]
無垢フローリング

でも寒い時期、裸足になるにはやっぱりこれがないと[emoji:v-278]
ユニデール蓄熱式暖房器VUEi70J。これ1台で24時間ポカポカです。
ユニデール蓄熱式暖房器VUEi70J

キッチンはナショナルフィットアイ。淡いピンクがかわいらしいですね。
フィットアイキッチン3

右も左も収納が山ほどあります![emoji:v-524]
これなら今まであふれていた食器類もしっかり収まります。
フィットアイキッチン2

カップボードもキッチンと同じ色で揃えました。
上の戸棚は引っ張ったら降りてくる「ソフトダウン」になっています。
フィットアイカップボード

IHは発売したばっかりのナショナルIH(KZ-VSW33D)
光センサーで鍋の熱を測るので、ひょいっと鍋を振ってもOKです
IHクッキングヒーター

これが光センサーです!
IH光センサー

左から、ダイニングのシーリングライト100W、流し元用スポット、
キッチンライト
です。どれも電球色なのですごく温かみがあります[emoji:v-278]
ダイニングキッチン照明器具

以前は後付けのアルカリ浄水器でしたが、かなり場所を取っていたので
今回はビルトインのアルカリ整水器にしました。かなりスッキリです[emoji:v-353]
ビルトインアルカリ整水器

ビルトイン食器洗い乾燥機ももちろん標準装備。
以前から使っていただけに、もう手放せません![emoji:v-421]
ビルトイン食器洗い乾燥機

脱衣場には洗面台と、その右に収納が入ります。
洗濯機が別の部屋に行ったので、すご~く広くなりました[emoji:v-353]
洗面台

お風呂はナショナルイーユ
浴室乾燥暖房器がついていて、冬でもポカポカです[emoji:v-278]
ナショナルイーユ

そのポカポカはエコキュートの力があってこそ![emoji:v-91]
エコキュートはナショナル460Lフルオート塩害地用(HE-46K3QEUES)。
サビにも潮風にも強いので、長~く使って下さいね~。
エコキュート460L塩害地用(HE-46K3QEUES)

以上で小松市大島町のオール電化リフォーム、全て完了です!
明るくて気持ちいい我が家で、みなさん元気にお過ごしくださいね~!

能美市赤井町でエコキュート460L取付け → オール電化!

能美市赤井町で、ナショナルエコキュート460Lフルオート
(HE-K46AQS)を取付けてきました。
こちらのお宅は去年リフォームされたときにIHにしたので、
これで晴れてオール電化です! おめでとうございます![emoji:v-63]
リフォームのときにボイラーをやめようかと思ったそうですが、
まだ年数が経っていないのでそのまま使うことにしたそうです。
でも、どんどん値段が上がる灯油と、オール電化の誘惑(笑)に負けて
ご相談していただけました[emoji:v-213]
それでは工事の様子をどうぞ~!
手前が灯油のタンク。奥に石油ボイラーが見えます。
今回はボイラーと一緒に灯油タンクも撤去します[emoji:v-91]
エコキュート工事前

石油ボイラーを撤去しました。
・・・って、ちょっと遠いですね。すみません[emoji:v-421]
石油ボイラー撤去

ボイラーを切り離すと、配管はこんな感じになりました。
右の2本のパイプをこういう風に埋めるのはあんまりよくないんですけど・・・[emoji:v-394]
エコキュート配管部

コンクリートの面とパイプの間に水がたまるので、
パイプが早く傷んでしまいます。
本当なら、保護管に入れるとかしてほしいですね。
今回の工事では、このパイプはここでカットしてしまって、
床下にある分をタンクへ直接配管することにしました
(わかりにくくてすみません・・・)
タンクは屋内に置くので、配管用の穴をあけました[emoji:v-512]
合計4本の水道管と2本の電線管が通るので、2ヵ所あけます。
エコキュート配管用穴あけ

屋内 → 床下 → 外 と、配管をし終えたところです。
えらいことになってますが、これが最後にはスッキリ納まるんです[emoji:v-15]
エコキュート配管後

先に室外機の取付けが完了しました。これまた遠い・・・。
手前に見える電気のメーターも、夜間電力対応になっています。
エコキュート室外機取付け完了

スルドイ方は気付いたと思いますが、タンクの下にあったコンクリートの石と
ボイラーの下にあったコンクリートの石を撤去してセメントを埋めました。

これでつまづくこともないでしょう
室外機を近くで見るとこんな感じです。
さっきのウジャウジャしてた配管はスッキリおさめてあります[emoji:v-353]
ちなみに配管は通風口から床下に入っています。
エコキュート室外機取付け完了(アップ)

そして5時ごろ、タンクの接続も終わって工事完了![emoji:v-315]
エコキュートタンク取付け完了

今回は床下を通す配管にちょっと手間取りましたが、
5時に終わって良かったです!
おかげで、夜にはちゃんとお風呂に入れます[emoji:v-48]
念願のオール電化で寒さに負けず元気に過ごしてくださいね~![emoji:v-278]

オール電化にされた方の声 (直筆)

オール電化にされたお客さんのお宅へ、
IHとエコキュートと蓄暖の無料点検をしにおじゃましました
どのお宅もピッカピカの新品同様
中にはエコキュートのタンクをまめに拭いているご主人もいらっしゃいました。
こうして大事に使ってもらえると、ほんとうれしいですね~
さて、その点検をしている間に、簡単なアンケートを書いて頂きました
オール電化に不安のある方には、結構参考になると思います。
それではどうぞ~!
能美市大成町 A様     工事の様子はこちら
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-VSW33C)
ナショナルエコキュート370L酸素機能付き(HE-37K3XWS)
お客さんアンケート1
(クリックで拡大します)
能美市大成町 T様     工事の様子はこちら
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-HS32C)
ナショナルエコキュート370L塩害地用(HE-37K3QEWES)
ユニデール蓄熱式暖房器7kw(VUEi70J)

お客さんアンケート2

能美郡川北町 K様     工事の様子はこちら
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-HSW33C)
ナショナルエコキュート370Lフルオート(HE-K37AQS)

お客さんアンケート3

能美市赤井町 M様     工事の様子はこちら
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-321LS)
ナショナルエコキュート370Lフルオート(HE-K37AQS)

能美市赤井町M様
能美市福岡町 D様     工事の様子はこちら
家丸ごとオール電化リフォーム(リビング+キッチン+バス+トイレ他)
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-VSW33D)
ナショナルエコキュート460Lフルオート(HE-46K3QUS)
ユニデール蓄熱式暖房器7kw(VUEi70J)

能美市福岡町D邸
能美市赤井町 N様     工事の様子はこちら
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-HS32D)
ナショナルエコキュート460Lフルオート(HE-K46AQS)

能美市赤井町N邸
能美市中ノ江町 K邸    工事の様子はこちら
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-HSW33D)
ナショナルエコキュート370Lフルオート(HE-K37AQS)

能美市中ノ江町K邸
小松市大島町 N邸     工事の様子はこちら
家丸ごとオール電化リフォーム(リビング+キッチン+バス+トイレ他)
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-VSW33D)
ナショナルエコキュート460L塩害地用(HE-46K3QEUES)
ユニデール蓄熱式暖房機7kw(VUEi70J)

小松市大島町N邸
能美市大成町 K様      工事の様子はこちら
ナショナルエコキュート370L給湯専用(HE-K37AZS)
能美市大成町Kさんアンケート
能美市福島町 A様       工事の様子はこちら
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-KG22B)
ナショナルエコキュート370Lフルオート(HE-K37AQS)
能美市福島町Aさんアンケート
能美市大成町 N様      工事の様子はこちら
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-KM22B)
ナショナルエコキュート370Lフルオート(HE-K37AQS)
能美市大成町Nさんアンケート
小松市千木野町 M様
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-VSW33D)
ナショナルエコキュート460Lフルオート酸素機能付き(HE-46K3XUS)
ユニデール蓄熱式暖房器7kw(VUEi70J)
小松市千木野町Mさんアンケート
能美市下ノ江町 M様       工事の様子はこちら
ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-SHS32W)
ナショナルエコキュート370Lフルオート酸素機能付き(HE-37K3XUS)
能美市下ノ江町Mさんアンケート
みなさん、本当にご協力ありがとうございました!
僕の思いとしては、素直にお客さんの意見を聞きたかったんですが、
予想以上にうれしい声が多くて、というかうれしい声ばっかりで、
すごく勇気付けられて、元気付けられました。
この声をバネに、これからも頑張ります!

蓄熱式暖房器の「マグニサイト」と「酸化鉄」の比較

先週、北陸電力リビングサービス主催の
「蓄熱式暖房器 メーカー別講習会」に、
夫婦揃って行ってきました。 これがうちの定休日の使い方です・・・[emoji:v-394]
ちなみに、「蓄熱式暖房器って何?」という方はこちらをどうぞ。
   –> 蓄熱式暖房機って?
話を聞いたのは、当店で主に取り扱っている「ユニデール」と、
石川県に本社を構える「白山製作所」のアルディ
ユニデール蓄熱式暖房器     白山製作所アルディ
   ユニデール                    アルディ
「蓄熱式暖房器」で検索してここに来られる方が増えてきたので、
今回はちょっと詳しく説明します。 字は多いですが中身は濃い!
はずです!
----------—-  ユニデール  ---------------–
まずユニデールですが、こちらは世界シェアNO.1[emoji:v-219]
操作パネルが使いやすく、本体の見た目も丸みがあってスッキリ。
蓄熱材は、ファン付き機種は「マグニサイト」。(ローボーイは酸化鉄)
このおかげで、「酸化鉄」を使っているメーカに比べると軽いです。
同じ7kw(16~30畳)のマイコン内蔵式の機種で比べると、
ユニデールが297kgスティーベルが370kgです。
そして、本体がコンパクト。
同じ7kwだと、他社よりも10cmほど横幅が短いです。
ちなみにユニデールは1376mm、スティーベルは1480mmです。
----------—-  白山製作所 アルディ  ---------------–
白山製作所のアルディは、蓄暖メーカーの中では数少ない国内産です。
そのおかげで、ユニデールと同じかそれ以上に操作パネルが簡単です。
蓄熱材は、ファン付き機種では「マグニサイト」。それ以外は酸化鉄。
あと、白山製作所のみ、「10時間通電型」というモデルを出していて、
夜10時~朝8時までの夜間帯をフルに利用できると熱く語っていました[emoji:v-42]
ちなみにユニデールも、裏技を使うと10時間通電ができるようになります。
ただ、なんでもかんでも10時間通電にすると無駄に電気代がかかるので、
蓄暖の容量がちょっと足らないお宅に限定してお知らせしています[emoji:v-322]
さてさて、タイトルにある「マグニサイトと酸化鉄の違い」ですが、
ユニデールさんと白山製作所さん、お二方とも同じ回答でした。
<マグニサイト>
  酸化鉄に比べて軽い。酸化鉄の機種よりも本体がコンパクトに作れる。
  熱を蓄えやすく、放熱もしやすい。
<酸化鉄>
  マグニサイトに比べると重い。
  熱を蓄えにくく、放熱しにくい。
こう書くと、 [emoji:v-209] 「酸化鉄の方が熱を逃がしにくくていいんじゃないの?」
と言われそうですが、実際はそうではないようです。
マグニサイトは中心部の熱までしっかり放熱し切るんですが、
酸化鉄は中心部の熱がなかなか出てこないので、ファンを回しても
表面の熱が先に出切ってしまって、中心部だけ熱が残ってしまうようです。
というわけで、蓄熱材はどうやらマグニサイトのほうが良さそうですね。
いや~、今回の講習会は本当に勉強になりました[emoji:v-295]
蓄暖についてはわかったつもりになっていましたが、
やっぱり勉強は大事ですね。
これで今年の秋冬も蓄暖頑張れそうです![emoji:v-91]
※ もし、「ここ、間違ってるよ!」という個所があればぜひ教えてください。