能美市大成町で蓄熱式暖房機取付け

能美市大成町で、ユニデール蓄熱式暖房機(VUEi70J)を取付けました。
こちらのお宅は新築されたときにIHと電気温水器を入れたので、
今回の工事でオール電化3点セットがそろいました!
数年間東京にいらしたんですが、急きょこちらへ帰ってくることになり、
石川の冬を乗り切るため、蓄暖に決めたそうです。
はとやを選んで頂いて、ありがとうございます![emoji:v-421]
それでは工事の様子をどうぞ!
まずはメーター周りの工事をします。
実は、敷地内のポールから家までの電線も取り換えたんですが、
天気のいい日に先に済ませてありました[emoji:v-278]
あればっかりは雪が降ると危ないので・・・[emoji:v-276][emoji:v-276][emoji:v-276]
メーター周り工事前
左のボックスには、電気温水器のブレーカが入っています。
ボックスを大きいものに変えるため、一旦取り外します。
メーターは既に深夜電力対応のものに取り換え済みです。
メーター周り撤去
蓄暖と温水器のブレーカを収めるボックスを取り付けて、接続します。
これをいかに美しく仕上げるかが腕の見せ所・・・[emoji:v-91]
この仕上がり、いかがでしょう?
蓄暖用ボックス取付
メーター周りの工事と並行して、蓄暖への配線工事もしています。
床下を配線して、外に出るところまで来ました。
実はこちらのお宅、軽量鉄骨&高気密高断熱なのです。
そのため、気安く壁に穴をあけるわけにはいきません。[emoji:v-431]
でも、幸運の女神は僕に味方してくれました![emoji:v-514]
下の写真を見て下さい!
ここを狙え!
なんと、一ヶ所だけ金属の土台が切れているじゃありませんか!
ここはちょうどメーターの裏側なので、位置的にもバッチリ[emoji:v-433]
いや~、こんなことってあるんですね。(もちろん下見時に確認済です)
無事床下から外へ線を出すことができました。
隙間はしっかりコーキングして、密閉します。
蓄熱式暖房器の配線入口
こうして、無事配線工事は完了です!
メーター周り完成
ちょうどそのころ、床下の補強工事も終わっていました。
本体の真下に、1本の大引(木材)を入れ、4本の鋼製束で支えます。
蓄熱式暖房器の床下補強
そしていよいよ本体を取り付け位置に置き、蓄熱材と格闘です![emoji:v-91]
蓄熱材マグニサイト搬入開始
やっと半分まで来ました・・・。
7kwだと、蓄熱材は42個あります。
1個あたり5.5kgなので、かなりの重労働です。
いつものように、肩と背中にただならぬ疲れが・・・[emoji:v-394]
蓄熱材マグニサイト搬入途中
一人で全部入れると相当疲れます。
入れ終わったあとの達成感は、ほかの家電では得られません(笑)
蓄熱材マグニサイト搬入完了
カバーをする前に、忘れずに耐震金具をビス止めします。
まずは左側。
耐震(左)
続いて右側。
耐震(右)
そして無事、取付け完了しました!
蓄熱式暖房器の取付け完了
完全に引っ越すのはまだ先らしいですが、きっと蓄暖の温かさを
家族みなさんで楽しみにしていることでしょう[emoji:v-233]
東京に比べて寒い石川ですが、蓄暖を使ってポカポカでお過ごし下さい![emoji:v-278]

能美市大浜町でIHと蓄熱式暖房機取付け→オール電化!

能美市大浜町で、ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-VSW33D)と、
ユニデール蓄熱式暖房機(VNEi50J)を取付けました。
こちらのお宅は既に電気温水器をお使いだったので、
これでオール電化3点セットがそろったオール電化住宅になりました
  [emoji:v-510] 「台所が寒くてストーブ使っとるんやけど、危ないし・・・」
と、ご相談を受けたのがきっかけでした。
そして、どうせなら一緒にということでIHクッキングヒーターも
取り付けることになりました。
それでは工事の様子をどうぞ!
まずは今までお使いだったガスコンロ。
ガスコンロ
んんん・・・? 見たことのないタイプです。
フランスのメーカー製らしく、寸法が日本製とちょっと違います。
でも、上面の開口部の寸法は同じだったので助かりました
前の扉を少しカットする必要がありますが、それなら簡単です[emoji:v-91]
扉を外し、IH用の200Vコンセントを作ったところです。
電線は、 分電盤 → 天井裏 → 壁の間 → 床下 → コンロ
というルートで配線しました。
IH用コンセント
左下のは、ガス管を封印した跡です。
天板周りをタワシでゴシゴシこすってきれいにして、
IH用開口を上から
IHクッキングヒーターを取付けます![emoji:v-353] 
IHクッキングヒーター完成
ワイドタイプなので、鍋などを置くのに広く使えていいですね![emoji:v-161][emoji:v-160]
カットした扉を取り付けたところです。
こうやって見ると、ほとんどわかりませんね[emoji:v-15]
IH扉取付け
引き続き、蓄暖の配線工事です。
まずはメーター周り。
動力の契約もあるので、色んなものがあります。
メーター周り工事前
ボックスの場所を少し変えて、右端に蓄暖用ボックスを付けました。
そのまま右側に取り付けると、エアコンの室外機の後ろになってしまい、
開け閉めやブレーカーの入切ができなくなってしまいます[emoji:v-40]
メーター周り工事後
ボックスの中はこんな感じです。
左下から伸びている電線は一見普通の電線ですが、
写真で見るよりもかなり太く、そして重く、大変でした・・・[emoji:v-394]
蓄暖用配線ボックス内部
配線ルートは、最初は床下を通って行こうと思っていたんですが、
畳をめくってビックリ。 高さが20cmほどしかありません・・・。
そのかわり、建物が平屋だったので天井裏を通すことにしました。
天井裏は作業しやすいんですが、30m以上の距離を配線するのは
なかなか大変でした。
蓄暖の置き場所です。
前もって大工さんが仕上げてくれました[emoji:v-353]
蓄熱式暖房器の置き場所
この写真を見て、「ん? ちょっと低いんじゃないの?」と思われた方、
あなたは間違いなく蓄暖マスターです。
今回取り付けるのは「ローボーイ」という機種で、背が低いんです。
だから、このくらいの高さでちょうどいい感じになります。
さて配線が終わったところで、いよいよ取付けです。
まずは本体の後ろに「スペーサー」を取り付けます。
壁との間隔を保つためのものですね。
蓄暖スペーサー取り付け前
スペーサーを取り付けたところです。
蓄暖スペーサー取り付け後
本体の場所を決めたら、蓄熱材をどんどん入れていきます[emoji:v-356]
蓄熱式暖房機酸化鉄詰め込み前
やっと半分くらいまで来ました。
蓄熱材の詰め込みは、背中がやたらと疲れます・・・[emoji:v-394][emoji:v-356]
蓄熱式暖房機酸化鉄詰め込み途中
20分ほどかけて、全部詰め込み完了しました![emoji:v-91]
蓄熱式暖房機酸化鉄詰め込み完了
本体カバーを付ける前に、転倒防止金具をビス止めします。
蓄熱式暖房器転倒防止
今回は出窓に設置したので、電線は壁面から入れました。
外のボックス内で、本体の電源ケーブルと結線します。
蓄熱式暖房器外の配線
二本の短い柱は、床補強用のものです。
今回の床補強は建築屋さん担当でした[emoji:v-512]
そしてついに、ユニデール蓄熱式暖房機ローボーイ5kwの完成です!
蓄熱式暖房器の取付け完了
普通だと、ローボーイ型は操作部がケーブル付きリモコンで、
昔のエアコンみたいにちょっと見苦しい感じなんですが、
このタイプは前面パネルにスッキリと内蔵されてます[emoji:v-353]
なぜかと言うと、台数限定のリモコン内蔵型なんです!
お値段も今までのタイプと同じなので、かなりお得でした
ローボーイを検討されてる方は、早めの方がいいかもしれませんね。
年が明けて、蓄暖の工事がドドドと入ってきました[emoji:v-356]
できるだけ早く取り付けられるように頑張ります![emoji:v-91]

富山からお客さん&北陸三県でんきや意見交換会

先日、お隣の富山県から 「お客さん」 がいらっしゃいました。
と言っても普通のお客さんではなく、「電器店の従業員さん」です[emoji:v-512]
おととしの6月に富山で開かれた 
   「北陸電力ビジネスチャンスセミナー in 富山」
にパネリストとして呼ばれたときにお会いして、
色々とお話しさせていただきました。
・・・と言っても同い年なんで、ざっくばらんな感じでした。
そして今回。
   「色々聞きたいことあるんやけど!」
ということで、いらっしゃいました [emoji:v-448][emoji:v-355]
細かい内容はいいとして、僕としては
   「逆にこっちが勉強になったな~!」 
というのが正直な感想です。
従業員さんの思い、悩み、うれしいこと、かなしいことが色々と聞けて
短い時間でしたが本当に貴重な時間を過ごせました[emoji:v-421]
最後はもちろん一緒にパチリ[emoji:v-212]
富山からのお客さん
同業者の方はもれなく記念撮影です[emoji:v-212]
またいつでも来て下さいね~![emoji:v-222]
その直後、5分でスーツに着替えて駅まで電動自転車で猛ダッシュ!
のつもりが、バッテリー付け忘れて「ただの重い自転車」で猛ダッシュ![emoji:v-69][emoji:v-356]
改札をくぐったときには電車がホームに止まっていて[emoji:v-15]、
もうだめかと思いながらも階段を駆け上がったら・・・
電車はまだ止まってました
無事乗れましたが、金沢に着くまでの30分間ずっとゼェゼェでした[emoji:v-40]
なぜ金沢まで来たのとかというと、
「北陸三県でエコキュートを頑張ってるお店同士で意見交換会」
を、北陸電力リビングサービスさんが主催してくれたんです。
こうやっていろんな人と意見を交換するって本当に刺激的で、
発見や気付きがドンドン出てきて、もうたまらんという感じです
そんな意見交換会の様子[emoji:v-506][emoji:v-507][emoji:v-508][emoji:v-512][emoji:v-532][emoji:v-535][emoji:v-509]  発言が止まりません。
意見交換会
  ん・・・?
寝てません
  寝てる・・・?
全く、誰ですかこんな写真撮ったの・・・。
寝てたわけじゃありませんよ! 考え事してただけです[emoji:v-15]
その後の懇親会も大いに盛り上がり、会場を後にしました[emoji:v-234]
いや~、ほんと刺激的な一日でした。
仕事もいいですが、たまにはこんな日も必要ですね

能美市福島町でエコキュート+ IH → オール電化!

能美市福島町で、ナショナルIHクッキングヒーター(KZ-KG22B)と、
ナショナルエコキュート370Lフルオート(HE-K37AQS)を取り付ける
オール電化工事をしました!
こちらのご夫婦、毎月届くはとポッ報゜を読みながら、
ずっと前から 「オール電化にしたいな~」 と思ってたそうです。
そして、 [emoji:v-208] 「歳も歳だし、どうせするなら早い方がいい」と、決心されました。
それでは工事の様子をどうぞ~!
午前中は主に電気工事とIHの取付けをします[emoji:v-512]
まずは今までお使いだったガスコンロ。 隣にはガス釜もあります。
(緑色の布をかぶっています)
ガスコンロ
ガスコンロとガス釜を撤去してスッキリしました[emoji:v-353]
ガス管はちゃんと封印したので安心です。
ガスコンロ撤去
200Vの配線をして、11時半ごろにはIH完成![emoji:v-315]
お昼ごはんにはちゃんと間に合いました[emoji:v-271]
IH完成
一方、ボイラーは勝手口に置いてありました。
ボイラー撤去前
まずは配管を切って取り外します。
煙突の穴もちゃんとふさいでおきます。
ボイラー撤去
その間に、風呂リモコンを取り付けます。
う~ん、いつも見てるんですが、改めて見やすさを実感します
コミュニケーションリモコン
ついでに、プレゼントの「節水シャワーヘッド」も取り付けます。
肌にバシバシ当たらないので、冬はシャワーが暖かく感じます[emoji:v-78]
節水シャワーヘッド
ホーローの浴槽に穴をあけて、ふろ接続アダプタを付けます。
自動お湯はりのときは、ここからお湯が出ます。
ふろ接続アダプタ
そして5時頃、エコキュートの方も無事完成しました![emoji:v-315]
エコキュート370LフルオートHE-K37AQS完成
ヒートポンプ(室外機)は、灯油タンクとガスボンベがあった場所に置きました。
今まではこんな感じで・・・
ヒートポンプ置場
工事後がこんな感じです。 う~ん、スッキリしましたね![emoji:v-353]
エコキュート370LフルオートHE-K37AQS完成ヒートポンプ
オール電化にされる前は、IHの使い方を結構心配してましたが
お昼ごはんの準備はスイスイできたそうで、よかったです
火のない、灯油もない安全でクリーンな我が家で、
これまで以上に元気にお過ごしくださいね~!