能美市西任田町でトイレリフォーム

能美市西任田町で、トイレリフォーム工事を行いました。
今までのトイレは狭くて寒く、おばあちゃんが使うには不便で
さらに段差があり危なかったそうです。
  「入口が広くて中もゆったりした段差なしのトイレにしたい」
と息子さんからご依頼頂き、リフォームすることになりました。
それでは工事の様子をどうぞ!
こちらがリフォーム前のトイレです。
段差と、ドアの開閉、全体的な狭さが不便の原因でした。
旧トイレ1
そしてリフォーム後はどうなったかと言うと・・・。
まず洋便器の部屋は引き戸で入りやすくしました。
車いすでも楽々入れる幅です。
アラウーノ入口
便器は自動でお掃除してくれる「アラウーノ」の手すり付きタイプ。
右側に見えるのは、12月1日に出たばかりの「ウーノス」です。
アラウーノ
「ウーノス」は何かと言うと、「脱臭と暖房をしてくれる壁」です。
白いパネルのところで脱臭をして、その下のパネルが足元から暖めます。
風が出ないストーブのような輻射熱暖房なので、すごく気持ちがいいです。
一方の小便器はお隣にあります。
こちらも以前より広々としていいですね。
小便器
寒い時期に7日間の工事でご不便をおかけしましたが、
無事年内に完了して良かったです。
これからは何の心配もなく、快適なトイレをお使い下さい。
当店にトイレリフォームをご依頼頂き、
ありがとうございました!

能美市大成町で給湯配管取替え工事

能美市大成町で、給湯配管取替え工事を行いました。
こちらのお宅は1年ほど前に、台所の水栓を当店で取り替えていました。
しかし、 「お湯の出が悪い」 ということでおじゃましたところ、
お湯にサビが混じって赤いお湯になっていました。
今回の原因は、
 1.給湯配管が鉄管だった
 2.徐々に内部がさびてきた(25年ほど経っていました)
 3.内部のサビが盛りあがり、管の内径が細くなった
 4.お湯の勢いが弱くなった
という流れだと思います。
配管のサビ付きがひどいと、最後には管が破れて漏水してしまいます。
というわけで、台所、洗面所、浴室(シャワーと浴槽用カラン)の
合計4ヶ所に、新たに給湯配管をすることになりました。
最初は床下を通そうと思ったのですが、狭すぎて断念。
家の外を通って配管することにしました。
それでは工事完了後の様子をどうぞ。
まずはボイラー小屋から出たところです。
配管1
途中、浴槽用、シャワー用、洗面所用に分岐します。
配管2
最後は台所行きです。
配管3
洗面所行きは、洗濯場を通りました。
配管4
時々雪が降る大変寒い1日でしたが、無事終わって良かったです。
これでお湯の水圧がアップし、サビの心配もなくなりました。
これからは安心してお湯をお使い下さいね。
当店に給湯配管工事をご依頼頂き、
ありがとうございました!

能美市赤井町で蓄熱式暖房器工事

能美市赤井町で、ユニデール蓄熱式暖房器7kw(VUEi70J)
取付ける工事を行いました。
こちらのお客様は一昨年にリフォームをされ、そのときにIHを導入。
昨年、5年ほど使ったボイラーをエコキュートに取替え。
そして今年、蓄熱式暖房器を取付けてオール電化3点セットがそろいました。
リフォームをしたときに間取りをLDKにして部屋が広くなったので、
エアコンの暖房だけでは寒かったそうです。
でも蓄暖を取り付けたことで、この冬はリビングもキッチンもポカポカです!
電気代も毎月5%だったのが10%引きになり、お得になりました。
これからは24時間いつでもポカポカでお過ごし下さい!
それでは工事の様子をどうぞ!
蓄熱式暖房器をなるべくスッキリ置きたいということで、
壁をへこませる工事を大工さんにお願いしました。
蓄熱式暖房器置き場所工事中
ついでに床補強も行いました。
1日で大工工事完了です。 さすが、キレイな仕上がりです。
蓄熱式暖房器置き場所完成
200Vの配線を、メーターの横から持っていきます。
メーターの横にボックスを取付けて、ブレーカを中に収めます。
エルフナイト10メーター
白いパイプの中に、蓄熱式暖房器用のケーブルが入っています。
 
配線はなるべく見えないように、基礎の上端に沿わせていきました。
パッと見ただけでは全く見えません。
蓄熱式暖房器200V配線
下からのぞくとこのように配線してあります。
蓄熱式暖房器200V配線下から
床下へは通風口から入ります。
通風口
床から立ち上げた電源ケーブルを、本体のケーブルと接続(圧着)します。
蓄熱式暖房器200V結線
接続したあとは、テープで絶縁します。
蓄熱式暖房器200V結線テープ巻き
本体の位置を決め、蓄熱材をどんどん入れていきます。
蓄熱材1
蓄熱材の間に挟まれているのがヒーターです。これが夜中に発熱します。
蓄熱材2
蓄熱材を詰め込み終わりました。
蓄熱材マグニサイト完了
地震などに備えて、床にビスで固定します。
左二ヶ所、右一ヶ所に金具使って固定します。
蓄熱式暖房器床固定
本体パネルを取付け、100Vコンセントに接続します。
100Vはマイコンパネルと時計の電源に必要なので、1年中挿しっぱなしです。
蓄熱式暖房器100Vコンセント
そして無事、ユニデール蓄熱式暖房器の取付けが完了しました!
蓄熱式暖房器完成
後日使い心地を聞いてみると、「いや~、ぬくくていいわ~!」 と大満足でした。
これで今年の冬はポカポカで過ごせそうですね。
当店に蓄熱式暖房器工事をご依頼頂き、
ありがとうございました!

オール電化工事(IH・エコキュート・蓄熱式暖房器)のお問い合わせは
こちらまでお気軽にどうぞ。
   電話 : (0761) 55-4000
         (9:00~20:00) 水曜定休
   メール: info@and-hatoya.com
         (24時間受付中)
   お問い合わせ

能美市大成町でエコキュート工事

能美市大成町で、パナソニックエコキュート370Lフルオート
(HE-K37BQS)
を取付ける工事を行いました。
こちらのお客様は先日のフェアの日にボイラーが故障して、連絡を頂きました。
すぐにお伺いして調べたところ、ボイラーが全く点火しません。
20年ほどお使いだったのでもう部品がなく、取替えになったのですが…
ボイラーからボイラーへの取替えの場合はすぐ工事ができてお湯が使えます。
しかしエコキュートに取り替える場合、そう簡単にはいきません。
エコキュートを取付けるまでの間、全くお湯が使えなくなってしまいます。
この寒いときにこれでは困るということで、今回はボイラーを貸出ししました。
これで、エコキュートを取付けるまでの間、お湯が使えます。
ちなみに今回は故障した日の翌日に貸し出し用ボイラーを取付け、
その翌日にエコキュートの取付けができました。

通常はこんなに早く工事はできないのですが、商品手配と工事の段取りが
全てうまくいって良かったです。
それでは工事の様子をどうぞ!
今までお使いのボイラーではなく、貸し出し用のボイラーです。
ボイラー
ボイラーを撤去したところです。
奥の角に見えるのが、200V配線とリモコン配線です。
ボイラー撤去
200V配線は、トイレにある点検口から「釣り竿」を使って行いました。
点検口
とても人が入っていけるスペースではないので、竿で引っ張ります。
200V配線
アース線は天井裏で分岐します。
アース接続
分電盤の左に新たにブレーカボックスを取付け、
エコキュートのブレーカを取付けます。
分電盤
台所リモコンをエコキュート用に取替えました。
台所リモコン
浴室にエコキュート用リモコンを新設しました。
ふろリモコン
リモコンの裏に穴をあけ、ケーブルを取り出したところです。
リモコン配線
ふろ接続アダプタを取付けました。ここから自動湯張りや追炊きをします。
ふろ接続アダプタ
給湯・給水・追炊き配管を延長しました。
エコキュート配管
鉄筋コンクリート基礎石を置いたあとタンクを設置し、配管を接続します。
エコキュート配管接続部
ヒートポンプ(室外機)の設置が終わりました。
左側のパイプにはふろリモコンのケーブルが入っています。
ヒートポンプ
ヒートポンプとタンクユニットの間の配管はカバーに収納します。
スリムダクト工事
そして4時頃、全ての工事が完了しました!
エコキュート370LフルオートHE-K37BQS完成
急な故障でしたが、スムーズに取り換えができて良かったです。
これからは深夜電力のお得な電気契約で、グーッと節約して下さい!
当店にエコキュート工事をご依頼頂き、
ありがとうございました!

能美市赤井町でIHとエコキュートのオール電化工事

能美市赤井町で、パナソニックIHクッキングヒーター(KZ-VSW33E)
パナソニックエコキュート460Lフルオート(HE-K46BQS)を取付ける
オール電化工事を行いました。
こちらのお客さんは、ガスコンロの扱いが危なくなってきたので、
IHクッキングヒーターにしようという話から始まり、
ついでにボイラーもエコキュートに取り換えることになりました。
ボイラーは取り替えてから5年ほどしか経っていなかったので、
当店で下取りさせていただきました。
それでは工事の様子をどうぞ!
今までお使いのビルトインガスコンロです。
ビルトインガスコンロ
ガスコンロを撤去して、200Vのコンセントを取付けました。
IHクッキングヒーター200Vコンセント
配線は天井裏を通して外壁部を下ろしたので、露出配線はありません。
あとはIHクッキングヒーターをはめ込んで完成です!
IHクッキングヒーター完成KZ-VSW33E
一方、ボイラーは洗濯室の土間に置いてありました。
石油ボイラー
今回はこの場所にタンクを設置します。
ボイラーを撤去して、配管の位置を変更したところです。
ボイラー撤去
左の壁から出ているのは200Vの電源ケーブルです。
配管部のアップです。
左から追炊き配管、200V電源、室外機配管、給湯配管、給水配管です。
エコキュート配管
台所リモコンをエコキュートの通話リモコンに取替えました。
エコキュート台所リモコン
浴室のリモコンもセットで取り替えます。
台所と浴室で通話ができるので、万が一のときでも安心です。
エコキュート浴室リモコン
エコキュートの室外機はタンクのすぐ背面の外に設置しました。
エコキュート室外機
室外機への配管はカバーに入れ、紫外線から保護します。
エコキュート室外機接続
室外機から出る霜取り水は雨どいに落とします。
エコキュート室外機排水処理
これをしておかないと室外機の周りが水浸しになり、苔が生えます。
冬場はこの水が凍るのでさらに危険です。

そして3時頃、エコキュートの工事も完了しました!
エコキュート460LフルオートHE-K46BQS
高さ2m以上のタンクをここに入れるのはかなり苦労しましたが、
なんとか収めることができて良かったです。
これからは火のない安全な生活を送ってくださいね!
光熱費もグーッと安くなるので一石二鳥ですよ!
当店にオール電化工事をご依頼頂き、
ありがとうございました!

オール電化工事(IH・エコキュート・蓄熱式暖房器)のお問い合わせは
こちらまでお気軽にどうぞ。
   電話 : (0761) 55-4000
         (9:00~20:00) 水曜定休
   メール: info@and-hatoya.com
         (24時間受付中)
   お問い合わせ