能美市浜開発町でタンクレストイレ「アラウーノ」取付け工事

能美市浜開発町で、タンクレス節水トイレ「アラウーノ」
取り付ける工事を行いました。
今回取り替えるのは2階の洋式トイレで、
水を流すとそのまま止まらなくなることが度々あったそうです。
夜中にトイレに行って水が止まらなくなってしまうと、
止まるまでレバーを何回も上げ下げしたりとかなり不便でした。
又、時々便器と床の間から水が染み出ることもあったそうです。
そんなとき、先日の航空プラザフェアでアラウーノを見て、
「これイイ!」とご予約頂きました。
それでは工事の様子をどうぞ!
こちらが工事前のトイレです。約15年お使いでした。

まず洗浄便座の部分を取り外します。

便器を固定しているボルトを取り外します。

二人がかりで便器を撤去して、入念に掃除をします。
排水溝に取り付けてあるフランジに「Pシール」という
粘土のようなパッキンを取り付けます。

元々付いていたPシールはペラペラになって裂けていました。
便器と床の間からじわ~っと水漏れがしていたのはこのせいでしょう。
排水位置が後ろに下がるので、排水位置アジャスターを取り付けます。
今回は「アラウーノリフォームタイプ」なので、大体どんな排水位置でも、
本体を壁に寄せることができます。

今回の現場で通常のアラウーノを取り付けていたら、
トイレ本体が壁によることもなく、結構前に取り付いてしまいます。

入念な下見と機種選定は大事ですね。
新しい止水栓を取り付けました。あとは本体を設置するだけです。

アラウーノは軽いので、一人で2階まで持って上がれました。
開始から約3時間後、全ての工事が完了しました!

タンクがなくなってすごくスッキリしました。トイレが広くなりましたね。
以前のトイレの跡と比べてみると、かなり後ろへ下がったのがわかります。

これからは昼夜問わず安心して使ってくださいね!
当店にアラウーノ取替工事をご依頼いただき、
ありがとうございました!

能美市福島町でエコキュート工事

能美市福島町で、パナソニックエコキュート460Lフルオート
(H-K46BQS)を取り付ける工事を行いました。
こちらのお宅は2年前に蓄熱式暖房機の工事をさせて頂いたので、
既に深夜電力の契約(エルフナイト10プラス)でした。
が、昼夜問わずシャワーを使うので、灯油代が結構かさんで
光熱費がけっこうかかっていました。

去年より灯油価格は下がりましたが、それでも電気に比べると割高です。
今回の工事で灯油がいらなくなるので、光熱費はグッと下がると思います。
また、200Vの10畳用ナノイーエアコンも一緒に工事させて頂きました。
あとはHが入れば毎月の電気代が10%引きになります。
Hは7月に工事の予定なので、今から待ち遠しいですね。
それでは工事の様子をどうぞ!
今までお使いのボイラーです。

ボイラーを撤去しました。ここにタンクを設置します。

勝手口の幅が狭かったので、一旦ドアをとりはずしてタンクを入れます。
勝手口の外には灯油タンクとブレーカボックスがあります。
灯油タンクを撤去した場所に、ヒートポンプユニット(室外機)を置きます。

エコキュート用のブレーカを取り付けました(一番左)。
真ん中のは蓄熱式暖房機のブレーカです。

台所リモコンを通話タイプに取り替えました。

ふろリモコンも取り替え完了です。

ふろ接続アダプタが古いタイプだったので、新しいものに取り替えました。

古いタイプだと、自動湯はりや水位設定がうまくいかないことがあります。
一方、エアコンは2Fの洋間に取り付けました。
200Vナノイーお掃除ロボットエアコンです。

室外機は塩害地用の架台に乗せました。室外機自体も塩害地用です。

エコキュートのヒートポンプユニット(室外機)の設置が完了しました。

配管はカバーに入れて保護します。見た目もキレイですね。

タンクへの配管も全て接続が終わりました。

そして4時ごろ、全ての工事が完了しました!

いつもの脚部カバーがなぜ付いていないのかと言うと・・・
タンク用のカバーをかけるので、必要ないと判断しました。
脚部カバーは10,290円なので、その分安く済みました。

屋内設置ですが、カバーをかけたほうが熱が逃げず、省エネです。
これからはエコキュートで上手に節約してくださいね!
当店にエコキュート工事をご依頼いただき、
ありがとうございました!

能美市浜町でエコキュートを取付けるオール電化工事

能美市浜町で、パナソニックエコキュート460Lパワフル高圧フルオート
(H-KU46BQS)と、食器洗い乾燥機(NP-TS1)を取り付ける
オール電化工事を行いました。
こちらのお宅は3年ほどからHをお使いだったので、今回の工事で
オール電化となりました。しかも200Vエアコンもお持ちなので、
毎月の電気代が10%引きになります。

大人6人、子ども4人の大所帯だったので、さすがに湯切れが心配でした。
そこで、食器洗い機をセットにして、台所で使うお湯の量を節約しました。
食器洗い機は水を庫内で湯にするので、エコキュートお湯は使いません。
今まで灯油代が毎月10,000円近くかかっていたそうなので、
今回の工事でかなり節約になると思います。
又、今回取り付ける機種は塩害地用ではありませんが、
室外機を分解して簡易亜鉛メッキをしてあります。(過去記事参照)
それでは工事の様子をどうぞ!
石油ボイラーと灯油タンクが並んで置いてあります。

給湯専用の石油ボイラーです。

まずはメーター周りの配線を済ませます。
メーター横にボックスを取り付け、エコキュートのブレーカを取り付けました。

このボックスからエコキュートまで、穴を掘って配線を埋設します。

途中で、エコキュートの追炊き配管とヒートポンプ配管も
一緒に埋設していきます。

配管の埋設を終えて、埋め戻しました。

一方、屋内ではリモコンの配線をします。
メインリモコンが洗面所にあったので、リビングへ移設しました。

洗面所はカバープレートを取り付けておきます。

浴室リモコンを新たに取り付けました。

先にヒートポンプユニット(室外機)を配管と接続します。
配管は全てカバーに入れて保護します。

タンクへの配管を全て接続したところです。

そして4時ごろ、全ての工事が完了しました!

海がすぐそこなので、タンクにはカバーをかけて潮風から守ります。
しっかりした素材で保温効果もあるので活躍してくれそうです!

これからは灯油がいらないオール電化生活で
グーッと節約してくださいね!
当店にオール電化工事をご依頼いただき
ありがとうございました!

能美市西二口町でH+エコキュート+200Vエアコンのオール電化工事

能美市西二口町で、パナソニックIHクッキングヒーター(KZ-SW33)、
パナソニックエコキュート460Lフルオート酸素機能付き(H-K46BXS)、
パナソニック200Vナノイーエアコン12畳用(CS-X369A2)を
取付けるオール電化工事を行いました。
こちらの方は2世帯同居で、前々からオール電化を考えていたそうです。
「オール電化にすると光熱費が下がる」というのは、
既にオール電化にされた方からの口コミで、かなり広まっていますね。
今回の工事でH+エコキュート+200Vエアコンの3点セットが揃うので、
毎月の電気代が10%引きになります!
(エルフVプラン)
夜の電気代が3分の1なのも組み合わせれば、かなり節約できますね。
それでは工事の様子をどうぞ!
今までお使いのガスコンロです。(半分撤去した後です)

200Vの配線のため、車庫の天井を1枚破ります。

工事後、新しいジプトーンボードでふさいでおきました。
分電盤から車庫の天井裏を通して、

外壁へ出て、あとは配管に入れて配線しました。

床下点検口がなかったため、露出配線となりました。
H用の200Vコンセントを取付けたところです。

Hをはめ込んで、Hの工事は完了です!

一方、エアコンは2階にあるものを取り替えます。

100Vのコンセントが遠いので、位置の変更をしました。
200Vのnan(ナノイー)エアコンに取替完了です!

寝ている間にお肌にうるおいを与えます。
室外機も、

取替完了です。 架台も一緒に取り替えました。

ボイラーは、車庫の角に設置してありました。

ボイラーを撤去したところです。

給湯・給水配管の位置を変更しています。
壁面から出ているのは追炊き配管です。

台所リモコンをエコキュートの通話タイプに取り替えました。

ふろリモコンも取替完了です。

シャワーの根元が水漏れを起こしていたので、
ホームセンターでパッキンを購入し、修理しておきました。

ついでにシャワーフックがグラグラだったのも直しておきました。
室外機の設置が完了したところです。
灯油タンクはファンヒーターやストーブのために残します。

タンクを設置し、背面をチェックします。本体に押されていないのでKです。

そして5時ごろ、全ての工事が完了しました!

これからは酸素浴で1日の疲れを落として下さい!
光熱費も間違いなくドーンと下がりますよ!
当店にオール電化工事をご依頼いただき、
ありがとうございました!

能美市福島町でH+エコキュート+エアコンのオール電化工事

能美市福島町で、パナソニックIHクッキングヒーター(KZ-TSW33)と、
パナソニックエコキュート370Lフルオート(H-K37BQS)と、
パナソニックお掃除ロボットエアコン(CS-X229A)を2台と、
パナソニック食器洗い乾燥機(NP-TS1)を取付ける
オール電化工事を行いました。
こちらのお客様は、奥様のご両親の頃からのお付き合いで、
大変長い間お世話になっています。
これまでオール電化をおすすめしたことはありませんでしたが、
お二人で当店へオール電化のご相談に来られて、決めていただきました。
「築10年ほどだから、ボイラーが壊れてからバタバタするのも嫌だし・・・」
とおっしゃっていました。確かにそのとおりですね。
それでは工事の様子をどうぞ!
今までお使いのガスコンロです。

これを撤去し、200Vの配線を行います。
配線は分電盤の壁の中を下ろし、床下を通しました。

1本がH用、もう1本がエコキュート用の電源ケーブルです。
アースも一緒に分電盤へ持っていきました。
工事後の分電盤です。一番左がエコキュートのブレーカです。

H用の200Vコンセントを取付けました。

Hをはめこんで完成です!

一方のエアコン工事ですが、まずは2F子供室Aの室内機です。
既設のエアコンが埋め込み配管だったので、
それを没にして新たに配管しました。

既設のエアコンがR22というフロンガスだったので、
配管をそのまま使うと配管内のオイルが混じって劣化し、
故障につながってしまいます。

室外機は真下に降りたところに設置しました。

2Fの子供室Bのエアコンは新設です。

室外機は地上に置くと配管がすごく長くなるので、壁掛けにしました。

冷房の排水、暖房の排水ともにドレン配管してあります。
台所に戻って、食器洗い乾燥機はちょうどいいスペースがあったので
そこに設置しました。アースコンセントもあり、バッチリです。

そして最後のエコキュート取替え工事です。
ボイラーはこのように設置してありました。

ボイラーを撤去し、ボイラーの下にあった縁石を掘り起こして撤去します。
地面が平らになったところで、基礎石を設置して配管します。

配管が進んでいます。基本的に配管はカバーに納めておきます。

断熱性、耐久性ともにアップします。
台所リモコンをエコキュートのものに取り替えました。

ふろリモコンも取り替えました。

配管がほぼ終わりました。全て配管カバーに収めてあります。

タンクは住宅の外壁に耐震固定金具で固定します。

そして3時ごろ、全ての工事が完了しました!

と言っても、食器洗い乾燥機、エアコン2台、Hとエコキュートの
3日に渡っての工事です。
室外機側から見るとこのようになっています。

これからは灯油もガスもいらないオール電化生活で
グーンと節約してくださいね!
当店にオール電化工事をご依頼いただき、
ありがとうございました!

塩害地用でない機種に、簡易塩害対策を施しました

今月エコキュートの工事を行うお宅で、
  「海がすぐそこだから塩害地用のエコキュートにしたい
  「水圧が落ちるのは困るから、パワフル高圧タイプにしたい
という要望がありました。
塩害地用とパワフル高圧タイプ、それぞれはありますが、
両方を満たす機種は発売されていません。
そこで、エコキュートのタンクユニットはカバーをかけて保護し、
室外機は、サビが付きやすい部分を亜鉛メッキスプレーで
塗装することにしました。

室外機がサビる場所は、主に底板とファンモーターのステーです。
ここさえ保護しておけば、通常より長持ちすると思われます。
それでは作業の様子をどうぞ!
作業前の状態です。

外装をはずし、ファンモーターステーもはずしました。

スプレーが付いてはいけない場所もあるので、しっかり養生します。

これがファンモーターのステーです。

1回目の塗装が完了しました。

乾燥させた後、2回目を塗ります。

ステー、底板ともに三度塗りしておきました。
作業中はシンナー臭がすごいので、マスクを付けていました。
が、それでもかなりクラクラしました・・・。

ドライヤーはもちろん冷風です。
底板の1回目が完了です。

だんだん気持ち悪くなってきました・・・。

底板も三度塗り完了です。

十分に乾燥させてから、元通り組み立てます。

元通り組み上がりました。辺りは真っ暗です・・・。

取付工事の様子はまた後日アップします。

能美市大浜町でHとエコキュートのオール電化工事

能美市大浜町で、パナソニックIHクッキングヒーター(KZ-VSW33)と、
パナソニックエコキュート370Lフルオート塩害地用(H-K37BQS)
取り付ける、オール電化工事を行いました。
こちらのお客様は、今回が始めてのお取引でした。
前からガス給湯器の調子が悪かったそうで、
毎月届くはとポッ報゜を見て、当店にご連絡いただきました。
又、海岸まで200mほどしかない「塩害地」なので、
塩害地用の機種を選んで頂きました。
外装鋼板に錆びにくい材質のものを使っていたり、
制御基盤をシリコンでコーティングしてあったり、

とにかく塩害に対して耐久性をアップさせてあります。
既に200Vエアコンをお持ちだったので、今回の工事で
H+エコキュート+200Vエアコンの3点セットが揃い、
毎月の電気代が10%引きになります。

深夜電力の割引と合わせるとかなりお得になりますね。
それでは工事の様子をどうぞ!
今までお使いのガスコンロです。10年以上お使いでした。

(カメラを忘れてしまい、携帯で撮影しました・・・)
配線は、車庫上の物置にある点検口から作業します。

Hの電源ケーブルとアース線を天井裏から外へ出した箇所です。
(雨どいの左側にある白色の配管です)

コンロのところに窓があったため、外壁を下ろすことができませんでした。
又、床下点検口もなかったので、今回は露出配線です。
Hの真裏から電源ケーブルとアース線を入れます。

200Vコンセントを作りました。あとはHをはめ込むだけです。

IHクッキングヒーターの取り付けが完了しました!

本体下部に隙間ができたので、高さ50の化粧カバーを取り付けました。
ガス炊飯器用のガス栓を取外し、封印します。

封印後はプレートでキレイに仕上げました。

一方、ガス給湯器はボイラー室に置いてありました。

ここにエコキュートのタンクを設置します。
台所リモコンを新設します。リモコンケーブルは天井裏を通しました。

浴室リモコンも新たに取り付けました。

ふろ接続アダプタも新たに取り付けました。

追炊き配管は外壁部をカバーに入れて配管しました。

建物の角まで行って曲がったところに、ヒートポンプユニットを設置しました。
こちらも配管はカバーに収めてあります。

違う角度から見るとこのようになっています。

タンクへの配管が全て完了したところです。

ボイラー室から真下向きに穴を開け、外壁から水平方向に穴を開け、
そこにヒートポンプ配管と追炊き配管を通しました。
エコキュートとは関係ありませんが、工事中に気になったことが・・・。

台所への給湯配管が、一部むき出しになって腐食していました。

漏水すると困るので、保温材を巻きつけて保護しておきます。

もう一ヶ所、同じようなことになっていました。

こちらも保温材を巻きつけて保護しておきます。

そして4時ごろ、全ての工事が完了しました!

配管が長くて大変な工事でしたが、思ったより早く終わって良かったです。
これからはガスのない安全で経済的な生活を送ってくださいね!
当店にオール電化工事をご依頼頂き、
ありがとうございました!