能美市下ノ江町でエコキュート工事+プラマードU

能美市下ノ江町で、パナソニックエコキュート370Lフルオート
(H-K37CQS)と、YKKAPの樹脂製内窓 「プラマードU」
を取り付ける工事を行いました。
今お使いのボイラーが15年経っていて、いつ壊れてもおかしくないので、
エコキュートに取替えすることになりました。
こちらの方は
 「Hとエコキュートをセットで入れないと、深夜電力契約にならない」
と思い込んでいたそうで、「エコキュートだけでも夜の電気は安くなりますよ」
とお話しすると、驚くと同時に喜んでもらえました。
あとでわかったのですが、来年に台所のリフォームを考えているそうで、
今回、Hを一緒に入れるのは控えたそうです。 
それでは工事の様子をどうぞ!
今までお使いのボイラーです。屋内に置いてありました。

ボイラーを撤去し、200V電源、アース、リモコン線を配線します。
右の壁から出ている配管は、追炊き配管です。

追炊き配管とふろアダプタは元々ありましたが、
変わった形状なので念のため交換しました。これは工事前です。

工事後です。純正のふろアダプタに交換しました。
ふろリモコンも交換済みです。

分電盤はボイラー室にあったので、200V配線は近かったです。
ステップル止めと塩ビ管を使って配線しました。

契約ブレーカの左に付いているのがエコキュート用のブレーカです。
台所リモコンがボイラー室に取り付けてあったので、台所に移設します。
露出配線になったので、モール(カバー)でキレイに仕上げます。

一方、樹脂製内窓プラマードは居間に取り付けます。
プラマードはどういうものかというと、
 「今ある窓をさわらず、今の窓の内側に取り付ける樹脂製サッシの窓」
です。
樹脂は熱の通しにくさがアルミの1000倍なので、超断熱になります。
その結果、冬場の結露がほぼなくなります。

(石油暖房を長時間使うと結露する場合があります)
また、窓が二重になるので防音性も格段に上がります。
外の騒音は半減し、部屋の中から出る音も同じように半減します。

  「夜勤だから日中に寝ないといけない・・・。でも外がうるさい・・・」
  「子供のピアノが外にひびかないか心配・・・」
という方にはピッタリだと思います。
一ヶ所1時間で取り付けられ、すごくお手軽な省エネリフォームです。
さて、プラマードについてはこの辺にしておいて、こちらが施工前です。
普通の障子戸が入っていました。

障子戸をはずしてプラマード用の枠を上下左右に取り付けます。
木の色なので写真ではほとんど違和感がありませんね。

窓をはめ込んで微調整をして、作業完了です!
今回の現場は約30分でプラマード工事が終わりました。

今回はガラス板を和紙調にしたので、本物の障子のようです。
アップで見るとこんな感じですね(カタログイメージ)

本物の障子紙よりも高級感があるかもしれません・・・。
エコキュートのほうは、室外機の設置が終わりました。
排水は近くの排水枡に落としてあります。

そして4時ごろ、全ての工事が完了しました!

これからはエコキュートとプラマードで、
光熱費の安い省エネ・エコ生活を送って下さいね!

・・・と終わるはずだったのですが、
工事開始直後にこんな箇所を発見しました。

給湯配管が壁面から出ている場所です。
普通、サビは配管の内部で発生します。
しかしここでは、微量の水漏れで配管の外部が激しく錆びていました。
保温材の内側が濡れていたので、水漏れが原因なのは間違いありません。
このまま放っておくといつか鉄管が破れてしまいます。
そこで、後日改めて給湯配管の取替工事を行うことにしました。
そのため、給湯配管の接続部は仮接続になっています。
工事が完了したらまた記事にしますので、もうしばらくお待ち下さい。