白山市相木町でエコキュート工事

白山市相木町で、パナソニックエコキュート370Lフルオート
(H-AK37DQS)を取り付ける工事を行いました。
こちらのお客様は、
 「水道の圧がすごく弱い」
とご相談頂いたのでお伺いしたところ、湯の水圧がすごく弱かったのです。
又、台所は水も水圧が低かったのですが、それはシンク下のバルブが
8割ほど閉められた状態になっていたのが原因でした。

おそらく食器洗い機を取り付けた業者が開け忘れたんだと思います。
色々と調べた結果、ボイラーのストレーナー(ゴミ取りフィルタ)も
キレイなので、ボイラーに内蔵された減圧弁の異常と判断しました。
修理も可能でしたが、なにせ13年ほど経っているボイラーです。
エコキュートにしたほうが便利で経済的ですよとご提案したところ、
370Lのフルオートタイプをご注文頂きました。
それでは工事の様子をどうぞ!
今までお使いのボイラーです。
間口が狭いので薄型も検討しましたが、誰も通らないそうなので
普通の角型を設置することになりました。

200Vの配線は床下を通します。台所の床下収納から入ります。

ボイラーを撤去して鉄筋コンクリート基礎石を置きました。
右側の配管はお風呂の追炊き配管(新設)で、
左から来ているのは200Vの配線です。

今までの台所リモコンがコンロのすぐ横でリビングから遠かったので、
リビング側にリモコン配線を引き直しました。
今までのリモコン配線穴はプレートでふさぎます。

リビングのドアの横にリモコンを取り付けました。
これならすぐ手が届くので使いやすいですね。

分電盤はこのようになりました。

もともとメインの分電盤の右に増設ボックスがありましたが、
ここにエコキュートのブレーカーを付けると、
エコキュートの負荷が契約ブレーカーにかかってしまいます。

つまり、エコキュートが動くと契約ブレーカーが落ちやすくなります。
そこで、エコキュートの負荷が契約ブレーカーにかからないよう
「B方式」という配線方法でブレーカーを取り付けました。

右下の横長の増設ボックスが、今回取り付けたものです。
本体周りの工事がだんだん仕上がってきました。
室外機周りは全てカバーに入れて保護・保温してあります。

本体への配管を全て接続しました。

ピンク色の管は「三層管」と言って、内側から順に、
  高耐熱ポリエチレン・強化アルミ・高耐熱ポリエチレン
の三層で形成され、一番外側にピンクの保温材が付いています。
熱を逃がしにくい上に耐久性も高く、とても優れた部材です。

お風呂の自動湯はりの試運転中です。

そして3時頃、全ての工事が完了しました!

正面から見るとこのようになっています。

これからは便利で経済的なエコキュート生活を送って下さいね!
当店にエコキュート工事をご依頼頂き、
ありがとうございました!

<今回の工事の所要時間>
  エコキュート: 約6時間(900~1500)
 ※ 停電・断水は各30分。
  
<今回の工事の費用明細>
  エコキュート本体  497,000円 (定価 792,750円)
  標準工事       156,000円 (水道・電気・申請・8年保証)
  追加工事        26,000円 (追焚配管工事)
  ボイラー下取り   ▲50,000円
------------------------------------------------------------
  合計        629,000円 (税込)
-------------------------------------------------------—
IH・エコキュート・蓄熱式暖房機他
お問い合わせは下記からお気軽にどうぞ
   
   電話 : (0761) 55-4000
   メール: nf@and-hatya.c
-------------------------------------------------------—
当店のニュースレター「はとポッ報゜」定期配布のお申込みは
左上のメニュー、又はこちらからお気軽にどうぞ。

※ 当店営業エリア(能美市・小松市北部・白山市南部)に
  お住まいの方に限らせていただきます。