ニュースレターは出すべき?ペースは?枚数は?

当店は、ニュースレター「はとポッ報゜(はとぽっぽ)」を発行しています。

我ながら素晴らしいネーミングセンス(笑)

20161012_104201995_ios

2006年1月から毎月欠かさず書いて、今月で118号。あと2ヶ月で丸10年です。

正直言って、こんなに続くとは思っていませんでした。

かと言って、「もう辞めよう!」と思うことも今までありませんでした。

「はあ…今月のはとポッ報゜、いい加減に書かないと…。でも時間ない…。しんどい…。」

という日は何度も(というかほぼ毎月)ありましたが、なんとか続いています。

他の業界はわかりませんが、電器店でニュースレターを出している(or出したことがある)お店は多いと思います。

数年前に某メーカーが

「かわら版でどんどん情報発信していきましょう!」

と提案した時期があり、「まあとりあえずやってみっか」と、結構広まりました。

・・・が、そのとき始めたお店で、今も続いているのは半分以下、3分の1、もっと少ないかもしれません。

続かない理由は、おそらく以下の三大理由に落ち着きます。(独自調査)

  • 忙しくて書く時間がない。
  • 書くネタがない。
  • 配る暇がない。

確かに納得の理由です。僕もこの3つのうち、時間とネタの問題には今も悩まされます。

でも、なぜ続くのか?

まず、「ニュースレターは電器店のような小規模零細には超重要ツール」です。

これは、ニュースレターを始めたときにはわかりません。

しかし、1年くらい経つとだんだんわかってきて、

3年経つと、「やめるなんてとんでもない!ニュースレター無しでやっていくなんて無理!」となります。

そのくらい、ニュースレターは超重要ツールです。思いつくだけでもこんなにいいことがあります。

  • 今まで取引のない方でも、どんなお店か分かるので問い合わせしやすい。
  • 普段お付き合いのある方に様々な情報を発信できる。
  • 何かあったときに、当店のことを思い出しやすくなる。
  • 価格入りチラシと違い、店やスタッフとお客さんの心をつなぐサポートになる。

むちゃくちゃいいでしょう!

超重要とわかっていれば、多少しんどくても続けざるを得なくなります(笑)

「忙しくて書く時間がない」

よく言われることですが、『忙しい』は理由になりません。僕がいつも思うのは、超ビッグショップの先輩も、1日は24時間です。

「自分はあの人よりも忙しいのか?」といつも考えます。忙しいわけがないです…。

「書くネタがない」

僕も毎月悩みます。コツは、日々の仕事で写真をたくさん撮る。プライベートでもとにかく撮る。

そして、ネタを思いついたら紙でも携帯でもいいのですぐメモる。

あとは……写真を大きく載せれば文字数は少なくて済みます(笑)

「配る暇がない」

当店は中学校校区全戸に配布しているので、配る枚数が比較的多いです。(約4,500枚)

これだけあると、パートさんだけでは配りきれません。

そこで、シルバー人材センターにポスティング業務をお願いしています。

町ごとに1名のシルバーさんが配ってくれるので、大体7日もあれば配り終えます。

お金はかかりますが、人に任せられるところはどんどん任せたほうがいいと思います。

また、ニュースレターのお話をしたときによく聞かれることは…

「ペースは?」

隔月とか4ヶ月に1回とか色々ありますが、僕は月1回を強くおすすめします!

理由は、そのくらいのペースでないと店のことを忘れてしまうからです。

僕はいきなり月1回から始めたのでそれほど抵抗ありませんが、

今、隔月とか4ヶ月に1回の方は結構キツいと思います。

が、月1回を強くおすすめします!

「枚数は?配布先は?」

当店は中学校校下全戸と、それ以外の既存のお客様に配布しています。

電器店は地域密着なので、世帯数にもよりますが少なくとも小学校校下、

田舎なら中学校校下に配布するのをおすすめします。

結構印刷コストを聞かれますが、大したことありません。

当店はネット印刷を利用していて、「B4両面カラー 4,500枚 2つ折り 4営業日出荷」で、23,000円ほどです。

これにA4チラシを3枚ほど挟むので、1セットあたりのコストは約12円。

ニュースレターの効果を考えると激安です。


既に1500文字を超え、結構長くなってしまったので今回はこの辺で…。

ニュースレターを出す電器店が増えて、

その電器店のお客さんが増えて、

お店もお客さんも幸せになってほしいですね!