冬を前にして蓄熱式暖房機の工事が増えてきました(金沢市神田)

こんにちは! 杉森です。

朝晩が冷え込むようになってきたせいか、蓄熱式暖房機の取付工事が少しずつ入ってきました。

今回のお客様は金沢市神田にお住まいの方で、初めてのお取引となります。ユニデールと白山製作所のアルディで悩まれていましたが、ご友人がアルディをお使いなのが決め手で、アルディの7kwになりました。

P1110301_s

まずは配線工事。メーター周りの配線を張り替えます。

蓄暖の配線は、メーターの下にある小さなボックスから床下へ入っています。

P1110299_s

こちらのお宅、床下点検口が無い上に、和室もありませんでした。

なので、床下に入る方法がありません…。

そこで、台所に床下収納兼点検口を設置しました。

P1110298_s

フタを開けるとこんなふうになっていて、色々と収納できます。

P1110297_s

床下へ入って、配線や床下の補強をします。鋼製束(つか)4本と木材で補強しました。

P1110296_s

あとは本体の設置です。いつも設置しているユニデールに比べて、アルディは横幅が広いです。

同じ7kwの機種だと、ユニデールより15cmほど横長になります。

ちなみに横から見るとこんな感じです。ユニデールと違って横のガードがありませんね。

P1110302_s

そして、ついに完成です! アルディを作っている白山製作所は、国内メーカーなので操作パネルが大きな日本語表示になっていて、安心感はありますね。蓄熱量の設定などは3段階とかなりざっくりですが、そのくらいのほうが使いやすいのかもしれません。ちなみにユニデールは0~100%まで、5%刻みで設定できます。

これでいつ本格的な寒さがやってきても大丈夫ですね!

当店に蓄熱式暖房機の工事をご依頼いただき、ありがとうございました!

P1110301_s

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする